人気対戦ゲーム10タイトル収録! 『カプコン ファイティング コレクション』発売決定

access_time create folderゲーム

カプコンの人気対戦ゲーム10タイトルを収録した『カプコン ファイティング コレクション』の発売が6月24日(金)に決定した。対象ハードは、Nintendo Switch、PlayStation4、Xbox One、PC(Steam)となっている。

「ストリートファイター」「ヴァンパイア」シリーズなど10タイトルを収録

https://youtu.be/wPti3FgiaME

『カプコン ファイティング コレクション』の収録タイトルは、10タイトル。

まず、元祖・対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズから、『ハイパーストリートファイターII』、『ポケットファイター』、『スーパーパズルファイターII X』の3作品。

そして「ヴァンパイア」シリーズから『ヴァンパイア』、『ヴァンパイアハンター』、『ヴァンパイアセイヴァー』、『ヴァンパイアハンター2』、『ヴァンパイアセイヴァー2』の5作品。

さらに『サイバーボッツ』と、家庭用機初移植となる『ウォーザード』が収録される。各収録タイトルは不具合の修正などを行い、クオリティ向上が実現している。また、『ヴァンパイアハンター2』、『ヴァンパイアセイヴァー2』以外のタイトルは、日本版だけでなく、海外版も収録されているとのこと。

全タイトルでオンライン対戦が可能

同作に収録されるタイトルはすべて、オンライン対戦が可能。対戦ゲームはやはりオンライン対戦が醍醐味なので、これはうれしい仕様だ。

気軽に対戦できる「カジュアルマッチ」、勝敗で手に入るポイントでランキングされる「ランクマッチ」、ロビーを作ってみんなで対戦や観戦が楽しめる「カスタムマッチ」の3種類のモードが搭載されるという。

500点以上のアートと400曲以上のサウンドを収録! 「ミュージアム」モード

「ミュージアム」モードでは、各タイトルの開発資料やアートを閲覧可能。ポスタービジュアルやインストカードをはじめ、未公開のキャラクターラフやゲームの企画書など500点を超える膨大なギャラリーを閲覧できる。

「サウンドプレイヤー」には、アーケード版オリジナル音源を400曲以上収録。ミュージアムを楽しみながら、オンライン対戦を待ち受けるといった使い方もできるという。

「トレーニング」をはじめとした便利機能も多数搭載

自分のペースで練習できる「トレーニング」モードをはじめ、便利機能も多数搭載されている。

まず、様々なお題の達成を目指す「ファイターアワード」。

また、「画面カスタマイズ」ではオリジナル画面サイズからフルサイズまで、画面サイズを変更できるほか、画面にブラウン管効果などを与えるフィルターも変更できる。

「ボタンカスタマイズ」では、ボタン配置が変更可能。配置を変えるだけでなく、ワンボタンで必殺技が出るなどの設定もできるようになっている。

さらに、各タイトルの対CPU戦では、難易度の選択やゲームスピードを変更可能。セーブも好きなタイミングで行えるようになっており、CPU対戦中であってもセーブ可能なので、難易度選択と併せて使えば苦手なキャラクターでも倒して、感覚をつかむことができそうだ。

パッケージ版とDL版に加え『ファイティング レジェンズ パック』が同時発売

同作はパッケージ版とDL版がリリースされる。パッケージ版の価格が5489円(税込み)、DL版が4990円(税込み)だ。ただし、Xbox OneとPC(Steam)についてはDL版のみの発売となっている。

また、イラストレーター描き下ろしの収納BOX、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』がセットになったバンドル商品『ファイティング レジェンズ パック』が同時発売。

『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』は、「ストリートファイター」シリーズ歴代アーケード12作品が収録された作品なので、『ファイティング レジェンズ パック』を買えば、カプコンの対戦格闘ゲームをまとめてドップリ楽しめる。

『ファイティング レジェンズ パック』の価格は、パッケージ版が7689円(税込み)、DL版が6990円(税込み)で、こちらもXbox OneとPC(Steam)についてはDL版のみの発売となっているので購入の際は注意が必要だ。

カプコン ファイティング コレクション | CAPCOM:
https://www.capcom-games.com/cfc/ja-jp/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧