『劇場版 呪術廻戦 0』入場者特典は描き下ろし小冊子“0.5巻” 乙骨ら1年生たちの日常を描いた番外編

access_time create folder映画

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中、12月25日に発売される最新18巻にてシリーズ累計発行部数6000万部を突破する大人気コミック『呪術廻戦』(芥見下々・著)初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』(12月24日(金))の劇場入場者プレゼントの概要と、映画初日の最速上映情報が解禁されました。

入場者プレゼントの小冊子「呪術廻戦 0.5 東京都立呪術高等専門学校」通称“0.5巻”は全国合計500万名限定で、芥見下々先生の新作描きおろし漫画や、この劇場版の原作である「東京都立呪術高等専門学校」の第1話の貴重なネームが掲載されるなど、ファンならずとも欲しくなる特級クラスの内容の小冊子となっています!!

さらに、映画初日の12月24日(金)午前0時に、本作とゆかりの深い京都と宮城、そして全国5大都市での最速上映が決定! 24日に日付が変わると共に、いよいよ『劇場版 呪術廻戦 0』がお披露目となります。

劇場入場者プレゼント(全国合計500万名様限定)

・小冊子名称:『呪術廻戦 0.5 東京都立呪術高等専門学校』(通称“0.5 巻”)
・部数:全国合計500万名様限定
・内容:
1、芥見下々先生描きおろし新作番外編漫画 9P ※乙骨ら1年生たちの日常を描いた番外編
2、初期ネーム ※「ジャンプ GIGA」連載会議用「東京都立呪術高等専門学校」第1話「呪いの子」のネーム
3、芥見下々先生一問一答 など
4、劇場版設定資料
5、アニメスタッフ・キャストのコメント
※12月24日(金)より映画『劇場版 呪術廻戦 0』上映館で本作鑑賞お一人様につき1つプレゼントいたします。
※通常上映・IMAX 上映、共通のプレゼントとなります。
※劇場により数に限りがありますので、プレゼント終了の際はご了承ください。
※特典は非売品です。転売、内容の複写・複製・転用・SNS などでの配信等の行為は一切禁止となります。
※詳細は映画公式 HP をご覧ください。

最速上映 (12月24日(金)0:00からの最速上映が決定!!)

・実施日時:12月24日(金)0:00(=23日(木)24:00)
・販売開始:12月17日(金)0:00(=16日(木)24:00)各劇場販売サイトにて
・実施劇場:
東京:TOHO シネマズ新宿、新宿バルト、TOHO シネマズ日比谷、TOHO シネマズ渋谷、TOHO シネマズ池袋
大阪:TOHO シネマズ梅田、TOHO シネマズなんば
京都:TOHO シネマズ二条、T・ジョイ京都、MOVIX 京都
愛知:ミッドランドスクエア
福岡:T・ジョイ博多
宮城:TOHO シネマズ仙台
北海道:ユナイテッド・シネマ札幌
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、休館等、劇場の営業状況が大幅に変更になる場合がございます。
営業時間、上映の有無など必ず劇場ホームページをご確認のうえ、ご来場いただきますようお願い申し上げます。
※都道府県ごとに定められた「青少年育成条例」により、上映終了が 23 時(大阪府は 22 時)を過ぎる
上映回には 18 歳未満の方は保護者同伴でもご入場いただけません。予めご了承ください。

さらに、最速上映決定に合わせて、12月24日(金)からの通常上映回の発売日程も決定!!
12月24日(金)以降の通常上映回
【販売開始】12月21日(火)0時(=20日(月)24時)※一部劇場を除く

関連記事:
『劇場版 呪術廻戦 0』「さすがのクオリティで期待しかない」「作画が神がかってて綺麗すぎ」「すでに泣きそう」予告映像に大反響
https://otajo.jp/103742

『劇場版 呪術廻戦 0』“額の傷跡”が消えた「夏油 傑」ビジュアル解禁!キャラ別ムビチケ発売情報も
https://otajo.jp/103154[リンク]

『劇場版 呪術廻戦 0』作品情報
タイトル:劇場版 呪術廻戦 0
公開日:2021 年 12 月 24 日(金)
原作:「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」芥見下々(集英社 ジャンプ コミックス刊)
制作:MAPPA
配給:東宝
声の出演:緒方恵美 花澤香菜 小松未可子 内山昂輝 関 智一 中村悠一 櫻井孝宏
(C) 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社
公式サイト:https://jujutsukaisen-movie.jp/[リンク]
公式 Twitter:@animejujutsu
30 秒特報:https://youtu.be/BllZmZQ3slE

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧