【衝撃】スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームに複数のグリーンゴブリンが登場の可能性浮上 / 味方になるとの説

access_time create folder生活・趣味

 

プレイステーション5がいまだに手に入らない人が多くおり、さすがに「日本市場を軽視しているのではないか」との声が浮上しているが、映画の面でもソニーは日本ファンを軽視しているのではないかとの声が浮上している。

 

・公開前から極めて評価が高いストーリー

北米にて2021年12月17日に公開予定の「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」だが、日本ではなぜか2022年1月7日となっており、海外勢からのネタバレを避けるのは極めて難しい。公開日に関していろいろと物議を醸している「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」だが、その物語に関しては公開前から極めて評価が高い。

 

・世界観を共有しない悪役のはずが!?

過去の「スパイダーマン」シリーズに登場してきた悪役(ヴィラン)の面々、グリーンゴブリン、ドクターオクトパス、サンドマン、リザード、エレクトロたちが今作に登場すると言われている。世界観を共有しない悪役だけに、彼らがマーベル・シネマティック・ユニバースに登場することは極めて心が躍る展開だ。そんな悪役に関して、とても興味深い情報が入ってきた。

 

 

・他のユニバースから複数グリーンゴブリンが登場か

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にはサム・ライミ版「スパイダーマン」のグリーンゴブリンが登場すると言われているが、他のユニバースからもグリーンゴブリンが登場する可能性があると言われているのである。

 

・グリーンゴブリンが味方になる可能性

サム・ライミ版のグリーンゴブリン、「アメイジングスパイダーマン」のグリーンゴブリン、もしくは未登場のマーベル・シネマティック・ユニバースのグリーンゴブリン、または未知なるユニバースのグリーンゴブリン、いったいどのグリーンゴブリンが登場するのか不明であはあるが、複数のグリーンゴブリンが登場するのは展開としてアツいのは確かだ。

 

また、グリーンゴブリンのひとりは味方になる可能性もあるのではないかと言われている。はたしてどうなるのか、今から公開が待ち遠しい。

 

 

 

もっと詳しく読む: 【衝撃】スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームに複数のグリーンゴブリンが登場の可能性浮上 / 味方になるとの説(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/11/28/spider-man-no-way-home-green-goblin/

 

 

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧