金曜ドラマ『妻、小学生になる。』主人公の妻と娘を演じるキャストが決定!

access_time create folderエンタメ
金曜ドラマ『妻、小学生になる。』主人公の妻と娘を演じるキャストが決定!

TBSで2022年1月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で、堤真一主演の『妻、小学生になる。』を放送する。原作は芳文社「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融(むらた・やゆう)による同名漫画。累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える話題作だ。
10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた! 夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマである。

このたび、堤演じる主人公・新島圭介(にいじま・けいすけ)の家族を演じる3名のキャストが決定した。10年前に他界した妻・新島貴恵(にいじま・たかえ)に石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣(にいじま・まい)に蒔田彩珠、生まれ変わった圭介の妻で10歳の白石万理華(しらいし・まりか)に毎田暖乃だ。

今年7月期の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で演じた東京都知事役が記憶に新しい石田。本作では、10年前に他界した圭介の最愛の妻・貴恵を演じる。
「私がいなくなったくらいで、生きるの諦めてんじゃないよ!」
貴恵は人気の洋食屋に勤めているシェフ。料理上手で、家族を心から愛し、手のかかる夫と娘の世話を焼く、家族にとって太陽のような存在。10年前に他界したが生まれ変わり、小学生の姿で圭介と麻衣の前に現れる。

蒔田は今年度前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主人公の妹役を好演。TBSで12月29日に放送する『99.9-刑事専門弁護士- 完全新作SP新たな出会い篇〜映画公開前夜祭〜』、翌30日公開の映画「99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE」に出演する。本作で演じるのは、圭介と貴恵の一人娘・麻衣。
「ママがいなくなって、何をしたらいいのかわからなくなっちゃった・・・」
もともと内向的な性格だったが、母が突然亡くなり、母から生きる術を学べないまま大人になってしまった麻衣。高校卒業後は就職したものの、現在は無職の20歳。恋愛にも消極的で、自分の人生を歩まなければいけないとわかってはいるが、将来に夢や希望を持てないでいる。

毎田は2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』で、主人公の幼少期と姪の二役を見事に演じ分け話題を呼んだ。本作で演じるのは、10年前に他界した貴恵の生まれ変わり。姿は小学生だが中身は大人という難しい役どころである。
「私は新島貴恵。あんたの妻で、麻衣の母親!」
白石万理華として生きていたある日、10歳の誕生日を前に自分が「新島貴恵」であると突然思い出す。住んでいた新島家を訪ね、夫と娘に再会。自分の死を引きずったままの二人の尻を叩いていく。

奇跡の再会を果たした新島家が、圭介の職場や麻衣の知人など周囲を巻き込みながら、「生きること」にあらためて向き合っていくホームドラマ。夫婦、親子、大切な人・・・それぞれの想いが切なくもほっこりと温まる、来年1月スタートの金曜ドラマ『妻、小学生になる。』にぜひご期待ください!

■コメント
<石田ゆり子>
原作を読み、なんて素敵なファンタジーなのだろう! と参加できることをとても幸せに思いました。
私の演じる新島貴恵さんという人は太陽のように明るく、周りにいる人みんなを幸せにするような人。その根本にあるのはきっと、絶対的な母性。そのことだけを心の奥にしっかりと留めて、生き生きと演じたいと思います。生まれ変わった貴恵を演じる毎田暖乃さんと二人で一つの役を演じるつもりで、自分が映っていなくても現場に顔を出そうと思っております。そのときは邪魔にならないようにひっそり現場にいるつもりです。
主演の堤真一さんとは、二回目の共演で、前回も夫婦でした。私がどんな芝居をしてもどーんと受け止めてくださる堤さん。またご一緒できることが楽しみでなりません。
金曜の夜のひととき、上質なファンタジーをお届けできるように、精進します。

<蒔田彩珠>
ファンタジーではあるのですが、現実で本当にありそうな、あったらいいなと思えるような素敵な脚本だなと思いました。麻衣はお母さんに再会するまでお父さんと二人で過ごしてきて、ずっと笑わないまま生きてきたので、お母さんと再会することで、一歩踏み出すというところは大事に演じたいなと思います。
脚本を読んだときに、絶対に素敵なドラマになるだろうなと思ったので、みなさん楽しみにしていてください。

<毎田暖乃>
最初に原作の漫画を読んだのですが、すごく不思議なお話だなと思いました。台本を読んだ感想は、物語の想像がしやすくて、撮影するのがすごく楽しみになりました。私はまだ小学生なので、妻とか母という気持ちを想像するのがすごく難しいのですが、人からお話を聞いたり、教えてもらったりしながら、少しでも妻と母の気持ちを心に置いて演じたいなと思います。
このお話に出会って家族の大切さをいつも以上に感じるようになりました。泣けて笑えて、すごく勇気をもらえるお話です。難しい役ですけど、一生懸命頑張ります。みなさんぜひ見てください。

<プロデュース・中井芳彦>
堤さん演じる主人公がどれほど妻を愛し、そして愛されていたか、その愛がこの物語を支えることになります。まさにこの物語の象徴的な存在である貴恵を石田ゆり子さんに演じていただきます。また、主人公とともに取り残された娘が全話を通じて、どんな一歩を踏み出すのか。どのように成長を見せるのか。蒔田彩珠さんに演じていただきます。お二人に演じていただくことが今からとても楽しみです。
さらに、小学生に生まれ変わった妻役をお願いする方を探すために約二年間たくさんの方に会い、オーディションに参加していただきました。オーディションの最終日に毎田暖乃さんに出会い、スタッフ一同この方しかいないと思いました。出会えたことに奇跡を感じています。
物語の導入こそファンタジーですが、それによって大切な家族を失った人たちの日々がどのように変化し成長するのかという点では、王道のホームドラマを目指したいと思います。
ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

■あらすじ
新島圭介(堤真一)は、10年前に最愛の妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。たった一人の家族である一人娘の麻衣(蒔田彩珠)の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。
二人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子(毎田暖乃)がこの親子を訪れる。

「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」
―まだ信じられないが、妻のようだ。
突然の別れから10年。
妻はこの世に生まれ変わっていた。
止まったままの家族の時間が、再び動き出す―

しかし・・・愛する妻はいま、小学生の姿! 同居することもできず門限は夕方6時!! 一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末・・・。
突然の別れから10年。元愛妻家の男と、妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる!

■人物紹介
新島 圭介(堤 真一)
物語の主人公。
10年前に最愛の妻・貴恵を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家。

(C)TBS
新島 貴恵(石田ゆり子)
10年前に他界した圭介の最愛の妻。
人気の洋食屋に勤めているシェフ。料理上手で、家族を心から愛し、手のかかる夫と娘の世話を焼く、家族にとって太陽のような存在。

新島 麻衣(蒔田彩珠)
圭介と貴恵の一人娘。
もともと内向的な性格だったが、母が突然亡くなり、母から生きる術を学べないまま大人に。高校卒業後は就職したものの、現在は無職の20歳。

(C)TBS
白石 万理華(毎田暖乃)
10年前に他界した貴恵の生まれ変わり。
白石万理華として生きていたある日、10歳の誕生日を前に自分が「新島貴恵」であると突然思い出す。住んでいた新島家を訪ね、夫と娘に再会。

■番組概要
[番組名]金曜ドラマ『妻、小学生になる。』
[放送日]来年1月スタート毎週金曜よる10:00~10:54
[公式サイト]https://www.tbs.co.jp/tsuma_sho_tbs/
[公式Twitter]@tsumasho_TBS
(C)TBS


関連記事リンク(外部サイト)

『あらののはて』初日舞台挨拶、しゅはまはるみら登壇!絶頂を感じるあのシーンの裏話を激白!
山田孝之の映画初監督作『ゾッキ』を旧知の仲・勝矢と笠原秀幸が現場を語る!
北海道出身の4人組バンドBBHFが登場!北海道と東京をリモートで繋ぎ音楽トーク 8/29放送

access_time create folderエンタメ
local_offer
ジェイタメ

ジェイタメ

エンタメはエネルギー 芸能界と芸能ファンを応援する芸能情報サイト。 子役、ティーン、イケメン、ジャニーズ、舞台、戦隊ネタ満載。

ウェブサイト: https://jtame.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧