ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次々にPSPやWiiが犠牲に? 違法なゲームコピーが可能なツール続々

「検証のためにやっている」、「コピーじゃなくてバックアップだ」、「訴えられるなら訴えてみろ」という人たちがいる。PSPやWii、ニンテンドーDSのゲームソフトをハードディスクやメモリーカード等にコピーしている人たちだ。2009年10月現在、すでにPSPやWiiはコピーガードやさまざまな機能がクラッキング(破壊 / 改造)され、本来ならば起動しないはずのコピーゲームが動くようになっている。

それらのコピーゲームを動かすためのツールを開発している人物は多数おり、インターネット上に無料で公開。ゲームメーカーが新たな対策プログラムを導入してバージョンアップしたとしても、数日でコピーガード等をクラッキング。まさにイタチごっこが続いており、現状ではクラッキングツールの開発者が勝利している状態となっている。

それらのツールはどのように進化しているのだろうか? WiiやPSP、ニンテンドーDSすべてのツールに共通していえることは、バージョンアップの度にプレイできるむゲームが増えるということだ。コピーゲームを起動させることができるツールは、開発したばかりの段階では起動するゲーム数が少ない。つまり、普通に遊べないものばかりなのだが、バージョンアップを重ねる度にコピーゲームがちゃんと起動して遊べるようになり、コピーガードすら解除してしまうらしいのだ。

WiiのゲームをSDカード等にコピーして保存し、そこからデータをひっぱってゲームを起動させることもできるのだとか。PSPの場合は、やはりUMDソフトからデータをメモリースティックにコピーし、UMDがなくても遊べるようにできるのだという。もちろん、コピーガードもガンガン解除されている。

だが、どうしてもクラッキングできないハードがあるという。それはプレイステーション3だ。こればっかりは改造したりゲームをコピーすることができないといわれている。ガジェット通信記者のひとりが過去にタイ人のハッカーにインタビューしたときも「PS3だけはどうにもならない」とコメントしていた。

また、驚くべき事実がもうひとつある。それらのツールを開発している人物のなかに日本人も多数おり、スゴ腕のツール開発者はゲームクラッキング世界で英雄視されているというのだ。つまり、ヒーローと化しているわけである。さしずめ、天から恵みを与えてくれる神様のような存在なのだろうか。その素晴らしい能力を、もっと健全なところで使ってほしいものだが……。ゲームは普通に買って普通に遊ぶ。それが常識であることを忘れないでほしいものである。

■最近の注目記事
iPhone『セカイカメラ』で都内をドライブする動画が人気
東原亜希がiPhoneからブログ更新でメアド流出! やっぱりデスブログだった!
『およげ! たいやきくん』のモデルになったオジさん実在
『ファイナルファンタジーXIII』が新品480円! ビックリな商売術とは!?
【東京ゲームショウ2009】美女&美少女コンパニオン集! 第四弾

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy