indigo la End、韓国の人気ラッパーとコラボした「ラブ feat. pH-1」配信リリース

access_time create folderエンタメ
indigo la End、韓国の人気ラッパーとコラボした「ラブ feat. pH-1」配信リリース

 indigo la EndとpH-1のコラボ楽曲「ラブ feat. pH-1」が10月1日に配信リリースされる。

 pH-1は韓国のヒップホップレーベルH1GHR MUSICのラッパー。indigo la End、川谷絵音としても初の海外アーティストとのコラボレーションとなる同曲はindigo la EndからのオファーをpH-1が快諾して実現したもの。コロナ禍に一年以上をかけてリモートでやりとりをし制作された楽曲で、3カ国語で人と人の愛の伝え方の下手さとそれによっていつまでもわかりあえない関係を描いている。川谷絵音、pH-1 のそれぞれがすれ違う心理を表現している歌詞にも注目だ。

 

◎川谷絵音 コメント
とても刺激的な制作でした。幾度かのオンラインミーティングを経て、途中で曲を一から作り直したり、歌詞やメロディを変更したり。
pH-1のラップとindigo la Endの演奏、歌がどんどん混ざっていく過程にはワクワクしました。
初の海外コラボがpH-1で良かった。本当に素晴らしいアーティストです。
「ラブ」をどうかよろしくお願いします。

 

◎pH-1 コメント
ずっと日本のバンドと一緒に仕事をしたいと思っていたので今回のコラボはとても楽しめました。
私はT-Squareやカシオペアを聴いて育ったので、絵音が送ってくれた楽曲を聴いたとき彼らのスタイルを思い出しました。
今回の制作は簡単なようで難しく、自分のパートに合うリズムとフロウを作るのは比較的スムーズにできました。
ただ、歌詞に関しては愛についてのメッセージ-男女の恋愛だけではなく、様々な文化的背景を持ち、違う言語を話す人たちのことを書きたかったので本当に難しかったです。なので私は自分のメッセージが可能な限り多くの人たちに届くようにと、3か国語(韓国語、日本語、英語)で歌詞を書きました。
絵音とバンドメンバーは、とても才能があると思うし今回とても意義のあるプロジェクトに参加できたことを光栄に思っています。コマウォ!アリガトウ!
※和訳版

◎リリース情報
配信楽曲「ラブ feat. pH-1」
2021/10/1 RELEASE

https://indigolaend.lnk.to/loveftph-1

関連記事リンク(外部サイト)

SKY-HI、ニューアルバム『八面六臂』詳細発表 オーディション「THE FIRST」参加者たちもフィーチャリング
<ライブレポート>早霧せいな、デビュー20周年を記念して一夜限りのスペシャルイベント開催
<インタビュー>手越祐也、オーラルら同世代バンドから受けた刺激&今後の展望を語る

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧