公職選挙への応用を見据えた“市民意見収集システム”、つくば市で実証

access_time create folderデジタル・IT

株式会社VOTE FOR(以下、VOTE FOR)と株式会社LayerX(以下、LayerX)は、“市民意見収集システム”を構築し、つくば市との共同研究実施を発表。本システムは、同市が実施する「市科学技術・イノベーション振興指針の策定のための市民意見アンケート調査」において使用されます。

高い秘匿性と非改ざん性を備えた“市民意見収集システム”

つくば市では、スマートシティ化の推進による市民生活の向上、および地域経済の活性化につなげるべく、インターネット投票システムの公職選挙への導入や、行政手続きのデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいます。

VOTE FORは、つくば市の取り組みを支援。2018年から2020年にかけて、「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」にインターネット投票システムを提供。マイナンバーカードや顔認証システム、ブロックチェーン技術の活用などの実証を重ねてきました。

今回発表された“市民意見収集システム”は、インターネット投票システムへの応用を見据えています。その特長は、「スマートフォンやタブレット、パソコンから回答可能」「回答者と回答内容の紐付けを防止」「回答データを暗号化したまま正確に集計することができる」の主に3つ。

LayerXの開発した、データ利活用とプライバシー保護の両立をはかる秘匿化ソリューション「Anonify」を活用し、集計機能を実装。Anonifyでは、機密性の高い情報の漏洩リスクや、プライバシーに関する懸念を最小化することが可能だといいます。

インターネット投票の推進を後押し

本システムを使用し行われる「市科学技術・イノベーション振興指針の策定のための市民意見アンケート調査」は、2021年10月11日まで実施中。つくば市民および市内在学・在勤者はパソコンやタブレット、スマートフォンから本システムを用いて、アンケートに回答します。

今回の取り組みは、つくば市におけるインターネット投票の推進を、より加速させることが期待されるでしょう。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧