MagSafe対応モバイルバッテリー「DELE」はチャージャー機能も搭載!

access_time create folderデジタル・IT
AppleはiPhone 12からマグネットでアクセサリーを着脱できるMagSafeを導入しましたが、MagSafe対応のモバイルバッテリーを探している人は要チェックのプロダクトがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。

小型ながら1万mAhもの容量を持ち、ワイヤレスにiPhoneを充電できるだけでなく、USB-Cケーブルも内蔵。さらにはPDチャージャーとしての機能も備えています。

コンセントに直接差し込み

DELEはiPhoneと一体化して使えるコンパクトなバッテリーです。内蔵するマグネットでMagSafe採用のiPhoneの背面に簡単にくっつけることができます。磁力でホールドされるので、DELEをくっつけたままの通話も可能です。ワイヤレス充電の出力は15Wと急速充電に対応するのも忙しい現代人には嬉しい要素でしょう。

そしてDELEはチャージャー機能を搭載しているという点で他のMagSafe対応バッテリーと差別化を図っています。折りたたみ式のプラグを内蔵していて、コンセントに差し込んでダイレクトにDELEそのものを充電できます。

PD 20Wチャージャーなので素早く充電が行え、またDELEを壁にさしたままケーブル経由でデバイスへと給電することも可能です。

USB-Aポートも搭載

さらには、DELEはUSB-Cケーブルを内蔵し、USB-Aポートも搭載しています。つまり、iPhoneに限らずさまざまなデバイスの充電に活用することができます。

DELE の容量は1万mAhで、開発元はiPhone 12を少なくとも3回はフルチャージできるとしています。出先でスマホやワイヤレスイヤホン、スマートウォッチと携帯するあらゆるデバイスを充電するのにも活躍しそうです。

DELEは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中で、DELEを入手するための出資額は記事執筆時点で531香港ドル(約7500円)〜となっています。出資期限は10月20日、資金調達に成功した場合、11月にも発送される見込みです。

DELE/Kickstarter

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧