プロが教える!さつまいものフライド焦がし塩バターキャラメル

access_time create folderグルメ
プロが教える!さつまいものフライド焦がし塩バターキャラメル

さつまいもに塩キャラメルをからめたスイーツレシピを、メニュー開発やイベントプロデュースなど幅広く活躍する料理家の山田英季さんに教えていただきました。

フライドスイート焦がし塩キャラメルポテト

揚げたさつまいもに塩、砂糖、バターをからめ、香ばしくコクのあるお菓子に仕上げました。

材料(2人分)

さつまいも:1本(260g)

揚げ油:適量

グラニュー糖:大さじ3

水:小さじ1

塩:ひとつまみ

バター:5g

作り方

さつまいもを5mm角の棒状に切り、10分ほど水につけたら水気を切る。

170℃に温めた揚げ油で、1を5分ほど揚げ、バットなどにあげて油を切る。

フライパンにグラニュー糖と水を入れて中火にかけ、フライパンを揺すりながら溶かす。

全体が茶色になり煙が上がったら、塩とバターを加えて木べらで混ぜる。

4に2を入れてからめる。

フライドスイート焦がし塩キャラメルポテトのレシピ

最後に

香ばしいさつまいもの、フライド塩バターキャラメルポテトを作ってみてください。

山田英季

山田英季/Hidesue Yamada

料理家

1982年生まれ。フレンチ、イタリアンレストランでのシェフを経て、人気のもつ焼き屋「でん」をオープン。2015年に(株)and recipeを立ち上げ、「ごはんと旅は人をつなぐ。」をテーマにしたサイトの運営をおこなう。料理家としては、韓国、台湾、ロンドン、パリなど世界中に活躍の場を広げている。著書に『かけ焼きおかず かけて焼くだけ!至極カンタン!アツアツ「オーブン旨レシピ」』(グラフィック社)、『常備菜、お手軽おかずをのせるだけ!簡単!3色べんとう』(エイ出版社)など多数。
ホームページInstagram

[さつまいも]ほっくり甘い!さつまいもの栄養と保存テクニック

[さつまいも]ほっくり甘い!さつまいもの栄養と保存テクニック

秋の味覚としてもおなじみのさつまいも。中央アメリカが原産地といわれ、日本では江戸時代から栽培されてきました。美肌作りや細胞の老化防止に効果があるといわれるビタミンC、ビタミンEなどを含んでいます。

最終更新:2021.09.15

文・写真:山田英季
監修:山田英季、カゴメ

access_time create folderグルメ
VEGEDAY powered by KAGOME

VEGEDAY powered by KAGOME

カゴメが運営する、野菜をもっと楽しんでもらえるように、もっと好きになってもらえるように、皆さんがずっと健康でいられるように、お役に立てる情報を提供するメディアです。

ウェブサイト: http://www.kagome.co.jp/vegeday/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧