ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウワサの1万円タブレット『dtab』を使ってみた

ウワサの1万円タブレット『dtab』出荷直前レビュー 争奪戦にも参加してみた

1万円を切る9975円(税込み)という、驚きのキャンペーン価格で3月27日に発売したドコモのAndroidタブレット『dtab』。初回の出荷は3月30日から予定しているので、まもなく手にする人もいるのではないでしょうか。このたび、そんな注目を集める『dtab』の実力を確かめるべくレビューを実施。発売日のオンラインショップでの争奪戦にも参加してみました。

このスペックで1万円を切るとは……

Androidタブレット『dtab』

『dtab』は、OSにAndroid 4.1、1.2GHzの『K3V2T』クアッドコアCPU、1280×800ドットの10.1インチディスプレーを搭載するタブレット。7インチではなく10.1インチで、この最新のスペックをそろえていながら1万円を切る価格というのはインパクトがあります。

通常価格2万5725円のところ、9月30日まではドコモユーザーでスマートフォンISP『spモード』の契約と月額525円の映像配信サービス『dビデオ』への6か月の契約という条件で、キャンペーン価格が適用されます。ほかの端末で利用するdocomoIDを使えば『dビデオ』のサービスが『dtab』でも利用でき、月額料金などの維持費はかかりません。

ドコモが販売するタブレットにもかかわらず、3GやLTEに対応しないWi-Fi専用モデル。その狙いは、ドコモのスマートフォンやタブレット向けコンテンツ配信サービス『dマーケット』のコンテンツを家庭で利用してもらうということにあります。1月に開催された春モデルの発表会で明らかにした、『ドコモ スマートホーム』のコンセプトを実現するという位置づけの製品なのです。

参考記事:
【ドコモ2013春モデル発表会】イチ押し『Xperia Z』や2画面『MEDIAS W』に1万円以下の『dtab』などスマートフォン9機種とタブレット2機種を発表
https://getnews.jp/archives/285374

シンプルなハードウェア構成

シンプルなデザイン

本体は約W257×H176×D9.9mm、重量約633gと、10.1インチタブレットでは標準的なサイズ。アルミ製でシルバーの背面は上部に白い樹脂カバーが配置され、シンプルですが印象に残るデザインを採用しています。

背面にはステレオスピーカーを搭載。“audyssey”“Dolby Digital Plus”といった音響技術により、迫力のあるサウンド再生を実現しています。両手で持って正面から聴くと、音の良さに驚いてしまうレベル。

インタフェースはmicroUSBとヘッドホンジャックのみ

カメラは背面が300万画素、インカメラが130万画素とスペックは控えめ。家庭で使うことを前提に機能を絞り込んでいることがうかがえます。インタフェースも充電器やパソコンと接続するmicroUSB端子とヘッドホン端子、microSD/microSDHCカードスロットのみとシンプルです。HDMI端子があればテレビにつないで……と考えてしまいますが、あくまでこれ1台でコンテンツを楽しめるようにシンプルな構成になっています。

初心者にも使いやすいホーム画面

『dマーケット』の利用に特化したホーム画面

『dtab』で特徴的なのが、『dマーケット』の利用に特化してカスタマイズされたホーム画面。画面左には『dマーケット』のオススメコンテンツを一覧し、右側には『dマーケット』を構成する各サービスのリストを表示。『dマーケット』のコンテンツへアクセスしやすくデザインされています。起動すると表示されるこのホーム画面が『dtab』のコンセプトをよく表しているのではないでしょうか。

アプリショートカットやウィジェットが置けるホーム画面

ホーム画面は2画面あり、横方向にスワイプするとアプリアイコンが並んだ画面が表示されます。インストールしたアプリはここにショートカットを置いて起動できるほか、ウィジェットを置いてカスタマイズが可能。アプリショートカットやウィジェットを増やしたり目的別に画面を分けたい場合は、ホーム画面を追加して使えます。ホーム画面でピンチインするとホーム画面が編集可能。

ホーム画面はいずれも右下に、ブラウザと『Google Play』のショートカットを表示。もちろんドコモのアプリだけでなく、『Google Play』からアプリをインストールして利用できます。

アプリドロワーは『docomo Palette UI』

右下にはアプリドロワーのショートカットもあり、タップすると用途別に「最近使ったアプリ」「ドコモサービス」「基本機能/設定」「エンタメ/便利ツール」「Google」「ダウンロードアプリ」の分類でアプリを一覧できる『docomo Palette UI』を表示。インストールされたすべてのアプリがここから起動できます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。