「クセになる美味しさ」「ウマい。お米にも合う」とTOKIOのメンバーも絶賛! 松岡昌宏が共同開発、丸亀製麺『トマたまカレーうどん』

access_time create folderグルメ

丸亀製麺は、株式会社TOKIOの松岡昌宏さんと共同開発した新メニュー『トマたまカレーうどん』を9月3日(金)より期間限定で発売。ひと口ごはん付きで、並690円。

丸亀製麵とTOKIOは今年4月、「うどんで日本を元気にプロジェクト」において「共創型パートナーシップ」を締結。今回登場する『トマたまカレーうどん』は、昨今の大変な状況のなかで少しでも人々を笑顔で元気にしたい、という想いから松岡さんならではのアイディアや知識が反映され、50回以上の試作を繰り返して完成したオリジナリティあふれる一杯。

刻みにんにくとおろししょうがをごま油で香りが出るまで炒めたら、カットしたフレッシュトマトと、ぶっかけだし、クリーム、カイエンペッパーなどを追加。炒めた具材を丸亀製麺特製のカレーだしと合わせ、溶き卵をいれて味をまろやかに仕上げています。

カレーだし自体にアレンジを加えるのは丸亀製麺で初めての試みとのこと。残暑が厳しい季節にもさっぱりと食べやすいトマトの旨みと酸味に、白だしやにんにく、しょうがなどの隠し味も加わり、カイエンペッパーの辛さが後を引く、味の変化が楽しめる一杯に。

松岡さんは、「あれ、こういうカレーの味って今まであったかな? と皆様に気に入っていただけるといいなと思います」とコメントを寄せ、季節の野菜天として販売される「長なす天」や、「かしわ天」のトッピングをオススメしています。

ひと口ごはんはカレーだしをかけてカレーライス風にしたり、残ったスープとあわせてリゾット風に食べるのも良し。TOKIOのメンバーからは「クセになる美味しさ」(城島茂さん)、「ウマい。お米にも合う」(国分太一さん)といった感想を寄せられたとのこと。

なお、焼肉のたれ風味に焼き上げた豚肉をトッピングした『豚肉のせトマたまカレーうどん』(ひと口ごはん付)も並890円にて販売されます。

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧