東大生率いる学生チームが運営する、大学生向けSNSアプリ「Summer」

access_time create folderデジタル・IT

新型コロナウイルスの影響で、大学生の生活は大きく変化しました。

オンライン授業が続き、「友達を作れない」「孤独を感じる」といった声があがる中で、SummerJAPAN株式会社(8月中設立予定)は、大学生による、大学生のためのSNSアプリ「Summer」をリリース。

SNSを通してキャンパスライフを実現し、現役大学生を応援していきたいとのことです。

大学生による、大学生のためのSNSアプリ

「Summer」は、北京大学のスタートアップ企業によって開発された大学生限定のSNSアプリ。この度リリースされた「Summer」は、日本版として新たに開発されたとのことです。

同サービスは、学生チームが主体的に運営しており、現役東大生の当房和樹氏(CEO)を中心として、南は広島大学、北は北海道大学まで、全国の現役大学生がインターンとして参画しています。

現在は、全国にある約800の大学・大学院・専門学校などに通う現役学生が登録可能。ユーザー登録時には大学のメールアドレスを利用した認証を行なっています。

大学生と企業をつなぐ新しいサービス「ガクワリ by Summer」

「Summer」は、大学生同士がつながるプラットフォームとしてのSNSアプリですが、今年の9月から新たに「ガクワリ by Summer」というサービスの提供を開始予定です。

学生を応援したい企業や店舗が「ガクワリ by Summer」に加入し、大学生向けのお得情報「ガクワリ」を発信。学生は、フィードから自分に関係するお得な情報を探すことができます。

「ガクワリ by Summer」掲載イメージ

また、リプライやDMなどで店舗と大学生がコミュニケーションを取ることもできるようで、本機能を通して大学生と店舗・企業をつなぐ新しいSNSプラットフォームを目指しています。

PR TIMES

(文・Saki Amano)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧