なんでもかんでもサンドウィッチにしちゃうのがアメリカです 「別々に食べればいいんじゃないの」「イタリア人の反応を見てみたい」

access_time create folderグルメ

サンドウィッチの種類がとにかく豊富なアメリカ。

グリルドハム&チーズサンドウィッチ、ローストビーフサンドウィッチ、BLT(ベーコン、レタス、トマト)サンドウィッチ、チーズステーキサンドウィッチ、チキンサンドウィッチあたりは日本でも気軽に食することができたりします。

また、日本にご当地ラーメンがあるように、アメリカにもその土地ならではといったサンドウィッチが多数存在しています。


https://twitter.com/LasVegasLocally/status/1424972869943971845


https://twitter.com/axb___/status/1425133433404153856

ネバダ州ラスベガスの「Amano Las Vegas」というイタリアンレストランの名物は、中をくり抜いたパンにパスタを豪快に詰め込んだ炭水化物×炭水化物のサンドウィッチ「Fat Baby」です。

この投稿をInstagramで見る Amano Las Vegas(@amanolasvegas)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CSPg5Vdpejc/

肉や魚介などの具材を使用した数種類のソースを、リングイネ、エンジェルヘアー(カペッリーニ)、ペンネといったパスタに絡めてパンに詰め込んだ「Fat Baby」の価格は、12.95ドル(約1430円)~24.95ドル(約2750円)となっています。

SNSには次のような声が寄せられていました。

・別々に食べればいいんじゃないの
・犯罪行為としか思えません
・盛り付けが汚い
・アメリカ人はこれをサンドウィッチと言うの?
・チーズが少ない
・イタリア料理ではないよね
・私はそそられるけど
・どうやって食べればいいのよ?
・これをイタリア料理だと言うのだけは勘弁してくれ
・このサンドウィッチを目にしたイタリア人の反応を見てみたい
・なんでもかんでもパンで挟めばいいわけじゃない
・パン+パスタという組み合わせは悪くないよね
・買う人がいるのが信じられない
・一度は食べてみたい
・頼むから美味しそうなパスタを台無しにしないでくれ

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CRo6k0dM3Da/?utm_source=ig_web_copy_link

※ソース:
http://amanolasvegas.com/menu/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧