「めっちゃかっこいい」「本当に美しい」 シャープ『X68000』紹介動画に海外レトロゲーマニアから絶賛の声

access_time create folderデジタル・IT

シャープが1986年に発表したパーソナルコンピュータ『X68000』。CPUにモトローラのMC68000を採用し、ハドソンと共同開発したOSのHuman68k、ツインタワー型の筐体がインパクトが強く一世を風靡したマシンです。実売約40万円と高価だったこともあり、憧れを持っていた人も多いのではないでしょうか。

英国のレトロゲームショップがYouTubeに公開した1989年発売のX68000 Expertを紹介する動画では、実際にマシンを動かして『ツインビー』などをプレイしており、同機の先進性を感じさせてくれます。

Sharp X68000 Expert – Figuring out a Japanese Gaming Workstation -(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=EQWE67jsfOc [リンク]

国産機としては初めてMPEG による動画再生を実現し、グラフィック用VRAMを512KB搭載するなど、当時としては破格の画像処理能力を誇ったX68000。ゲームやCG制作の現場でも活躍しました。動画では箱から取り出し、セッティング、5インチフロッピーディスクの読み込み、MSX用ジョイスティックでのゲームプレイなどが紹介されています。

「現代でも通用するデザイン」「キーボードにLEDが組み込まれている」といったハードの説明に対して、「めっちゃかっこいい」「本当に美しい」「時代を先取りしている」といった声が上がっていたほか、「68000と(シールを)貼っておけば何でも最高になる」といったジョークも寄せられていたX68000の紹介動画。ちなみに当時、シャープはニューヨークのワールドトレードセンターのツインタワーを連想して「マンハッタンシェイプ」と名付けており、1988年発売のX68000 ACEのキャッチコピーは「アートの領域へ」でした。

※画像はYouTubeより

access_time create folderデジタル・IT

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧