ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

大人への旅

大人への旅

今回はまんしゅうきつこさんのブログ『まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/300980をごらんください。

大人への旅

大人への旅

私は、妹まゆみ、弟たかしの三人きょうだいだが私以外のきょうだいは思春期によく荒れた。

大人への旅

妹は中学生の頃、夜によく家を飛び出しては、

「まゆみ~、どこにいるの~」
「まゆみ~」

大人への旅

という、自分を探す母や私の声を、

大人への旅

自分の家と裏の家の境目の壁に、ヤモリのようにへばりついて聞いていたらしい。

ある時もまた飛び出し、

大人への旅

夜遅くに子猫を抱きしめて玄関に戻ってきたこともあった。

大人への旅

子猫を抱きしめた妹は、憑き物が落ちたように優しい顔をしていたが

大人への旅

その後も、親に内緒で新聞奨学生の寮に入ろうと手紙を書いたり、結構滅茶苦茶なことをしていた。
派手な非行には走らなかったが、両親に反抗的な言動を繰り返し、たびたび母を心配させた。
妹は、とにかく家が嫌いでたまらなかったようだった。

大人への旅

弟も、17で家から追い出されるまで、家出を繰り返した。
ある日、父親に怒られ、突発的に家を飛び出した弟は翌日になっても戻らなかった。
弟がいなくなって2日目の深夜に、突然、電話が鳴った。

大人への旅

もしかしたら、弟は何かの事件に巻き込まれたのかもしれない。
イヤな予感ばかり頭をよぎる。

大人への旅 大人への旅

ズーズ―弁の秋田の警察の方からだった。
弟は、埼玉から電車を乗り継ぎ、2日かけて秋田の大舘まで行ったらしい。

大人への旅

駅のベンチで野宿しているところを、パトロール中の警察官に職務質問され身元確認の電話がかかってきたのだった。

大人への旅

結局その後、弟は、来た時と同じように、駅の構内で寝泊まりしながら2日間かけて埼玉の実家に戻ってきた。
また、ある時は、突然、大阪まで歩こうと思い立ち、世田谷の友達の家から、1日かけて日吉まで歩き、

大人への旅

その後、3日かけて小田原まで歩いた。
しかし、限界だった。

大人への旅

4日間歩き続けた脚はパンパンに膨れあがった。
足を引きづりながら歩き続けたが、大阪行きを断念した弟は、最寄りの駅までヒッチハイクすることにした。

大人への旅 大人への旅 大人への旅

指をさして笑っていたのを見ても、不思議と何の感情も湧かなかった。

大人への旅

なぜなら、この時すでに脱水症状を起こしていて、意識がもうろうとしていたからだ。
その後、運良く年配の女性に小田原の駅まで乗せてもらった弟は、家へ帰ることにした。

大人への旅

4日間の道のりも、ロマンスカーではたったの2時間30分だった。
弟の家出も、妹の家出も、大人になるための通過儀礼だったのだろう。
今では、弟は両親をとても大事にしているし、妹も、遠くに嫁いだのに機会をみつけては両親に会いに行く。

一方

大人への旅

たいした反抗期もないまま大人になり、今でも近くに住んでいるのに、めったに親に会いに行かない私にとって、弟と妹のことは少しうらやましい。

最近つらいことがあり、ふと実家をストリートビューで見てみた

大人への旅

そこには、仲良く庭いじりをする両親の姿があった。
ストリートビューに写り込んだ両親はまるで、アリエッティのように、葉っぱの裏で精いっぱい生きる小人のように見えた。

私は、少しだけ泣いて、そっとパソコンの電源を落とした。

執筆: この記事はまんしゅうきつこさんのブログ『まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年03月19日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき