【話題】進撃の巨人の最終回がネットで大絶賛の嵐 / 漫画139話に感動「NHKアニメにも期待」「ネタバレ投稿に注意」

access_time create folder生活・趣味

 

進撃の巨人の漫画版の最終回が2021年4月9日に「別冊少年マガジン」に掲載され、2009年9月9日から続いた伝説的な物語が幕を下ろした。コンビニや書店よりも早く読むことができるインターネット配信で読んだ読者が多いようで、最終回となる139話に感動し、早くも「NHKアニメにも期待」「ネタバレ投稿に注意」などの声が出ている。

 

・人に勇気と希望を与える物語

ファンタジーでありながら、サスペンスとユーモアを散りばめた進撃の巨人。そして、あまりにも独創的かつ魅力的な冒険の物語を描いてきた作者の諫山創先生(34歳)。彼に対する感謝の声も多数あがっており、まさに人に勇気と希望を与える物語を紡いできた、カリスマ的漫画家といえる。

 

・歓喜の声は上がり続けている

そんな進撃の巨人の最終回が配信&発売されたのだから、ファンが歓喜しないはずがない。そして、進撃の巨人の完結を祝うとともに、寂しさを感じている読者も少なくないようだ。そう、いままで日常に進撃の巨人があったわけで、それが終わりとなったのだから。それでも歓喜の声は上がり続けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・進撃の巨人の進撃は止まらない

実は、すでにハリウッド映画化の話が進行しており、2018年10月30日に監督がアンディ・ムスキエティ氏(47歳)、プロデューサーがマシ・オカ氏(46歳)であることが発表されている。また、アニメ版の映画化もあるのではないかと囁かれており、進撃の巨人の進撃は止まらない。

 

・新たな感動の物語で読者を楽しませる日

進撃の巨人で日本のみならず、海外のファンにも感動を与えてきた諫山創先生。11年もの長い間、巨人とともに走り抜けてきた執筆生活だったと思われるが、いまは体を休め、休息をとって欲しい。

 

と、そんな声も出ているが、新たな感動の物語で読者を楽しませる日が再びやってくることを願ってやまない。

 


 

 

もっと詳しく読む: 【話題】進撃の巨人の最終回がネットで大絶賛の嵐 / 漫画139話に感動「NHKアニメにも期待」「ネタバレ投稿に注意」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/04/09/attack-on-titan-final-episode-manga/

 

(C)諫山創 / 講談社

 

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧