な・か・よ・く けんかしな♪ ラフォーレ原宿「トムとジェリー カートゥーン・カーニバル」企画展でトムジェリの世界を満喫してきた

access_time create folderエンタメ

ネコのトムとネズミのジェリーが追いかけっこを繰り返す、幅広い世代に愛されている「トムとジェリー」の実写映画『トムとジェリー』。その公開を記念して、キャラクターの世界を心ゆくまで楽しめるイベント「トムとジェリー カートゥーン・カーニバル」が現在、ラフォーレミュージアム原宿で開催中です。ということで、トムジェリの世界に触れてきました!原宿は28日(日)までですが、その後全国を巡回するそうです。

この「トムとジェリー カートゥーン・カーニバル」は、トムジェリ​ふたりの楽しい世界を、さまざまなアートで表現しています。トムとジェリーのアニメーション作品の展示から、不思議な空間が魅力のトリックアート、コテンパンにやられてしまって変形してしまったキャラクターの展示や、ジェリーが大好きなチーズの世界を表現した空間演出まで、本当にさまざまな企画がたくさん!各方面で活躍するアーティストとのコラボ作品の展示や、グッズコーナーも併設され、しかも全エリアで撮影可能で楽しめるという、五感で「トムとジェリー」の魅力を体感できるイベントです。

会場に入ると、1940年に誕生して以来、おいかけっこを繰り返してきたトムとジェリーの、その長い歴史が一目でわかる資料の展示やアニメーション作品やスケッチの展示に加え、コミックアートの世界が広がります。最新作である実写映画からもキャラクター設定画や場面写真を公開され、長い長いトムジェリの歴史を、お手軽に知ることができるのです。

トムとジェリーの歩みを体感した後には、“カートゥーン カーニバル”の大きなサイネージや、トムとジェリーがあたかも行進しているような、にぎやかなグラフィックの数々。不思議な空間が魅力のトリックアートや楽しいアートで、トムとジェリーの世界に入って写真を撮れちゃいます。また、トムとジェリーのアニメ―ションでは、コテンパンにやられて変形してしまったトムの姿はおなじみで、トムのみならず、おもしろおかしく変形してしまったジェリーやタフィーも登場。名作シーンの映像とともに、立体フィギュアが楽しめます。実物はぜひ会場で。

「大好物!ジェリーのチーズの世界」は、ジェリーが大好きなチーズだらけのゾーン。巨大なチーズオブジェは、まるで自分がジェリーになったような気分を体感できちゃいます。

会場では、トムとジェリーが大好きなアーティスト・クリエイターによる、コラボレーション作品も展示しています。

会場限定グッズもあります。「カートゥーン・カーニバル」をテーマにしたデザインのほか、オリジナルグッズが300点以上も。

はやりのアクスタに、

クロエとマイケル・ペーニャがバーンと映っているグッズも。

以下概要です。変更の場合もありますので、最新情報は公式サイトで。実写映画を観てからでも観る前でも、あの頃わくわくしたトムジェリの世界が楽しめますよ。

■会 期:3月28日(日)まで※会期中無休
■時間:11時~20時(最終日は午後5時閉場/入場は閉場の30分前まで) ■会場:ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前 1-11-6 ラフォーレ原宿 6F)
■入場料:一般1,000円(800円)小中学生500円(400円)()内は前売り
■公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/tomandjerry/ [リンク]

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧