本日第8話配信!『ワンダヴィジョン』後半の展開を薄口レビュー「ヒーローとヴィラン、表裏一体だなと感じるワンダのパワー」

access_time create folderエンタメ

マーベル・スタジオが贈る初のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』。最新エピソードとなる第8話が本日17時より配信開始となります。第1話からシットコム形式で描かれている本作。物語の輪郭が明らかになってきた第3話、世界中が驚きひっくり返った第5話のラスト…などなど、毎週話題に事欠きかません。

第1、2話のレビューでは「MCUシリーズを観続けていると、あまりにも豪華キャストが勢揃いしているので、知らず知らずのうちに麻痺してしまうが、オルセンとベタニーの演技力が改めて素晴らしいですね」といった事を書いたのですが、特に“表情力”の凄さは次第に増している様に感じます。ワンダの悲しみや焦りの表情、ヴィジョンの「これは何かがおかしい」と所々で気付く表情、それぞれを見ているだけで胸が苦しくなります。

ワンダが理想の生活を手に入れる為に、自らのパワーを使いヴィジョンと住人を<ヘックス>(ワンダが暮らすウエストビューを取り囲む六角形)内に閉じ込め、シットコムを演じさせている。『ワンダヴィジョン』のティザーポスター等が公開になってから、「こういう展開なのでは無いか」とファン達が予想していた要素。大方は当たっていたわけですが、「ワンダが住民に幻覚を見せている」のか「住民以外に幻覚を見せている
」のか、それともまた違うアプローチなのか。実際は「現実をシットコムに置き換えている」わけなのですが、ワンダのパワーが使われている方向一つとっても語りがい、分析がいがあるのがすごすぎるな……と思います。いくら考察してもそれを超えてくるという楽しさ!それに尽きますね。

ワンダは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では最初アベンジャーズと対立していて、その後仲間に加わります。今回は対アベンジャーズでは無いにせよ、住民を助け出そうとする部隊「S.W.O.R.D」と立ち向かいます。自分(視聴者)の味方だった時には頼もしい強大なパワーが、敵側になった時、どんなに手強い存在となるのか。ヒーローとヴィラン、表裏一体であるのだなと実感させられます。

筆者も「何て面白いもんを作ってくれるんだ……」と歓喜している一ファンですが、おそらく皆さんと同じ「これ、あと2話で終わるか?」というハラハラも抱えております。脚本家のジャック・シェイファーが「これは結局MCUなの。すべてが見かけ通りとは限らない」と言うように、一つ一つの不可解なシーンがこの先のストーリーを知る重要な“鍵”となってくる本作。今夜はどんな展開になるのでしょうか!

あと、多くの方がTwitterなどで言及していますが、「S.W.O.R.D」と聞くと『HiGH&LOW』が頭に浮かぶのがまた一興ですよね(笑)。

【関連記事】『ワンダヴィジョン』シットコムの世界から抜け出せない! “鍵”となる不可解な世界に注目
https://getnews.jp/archives/2950924 [リンク]

『ワンダヴィジョン』
2021年2月26日(金)17時より第8話配信

https://disneyplus.disney.co.jp/program/wandavision.html

(C)2021 Marvel

access_time create folderエンタメ

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧