ソフトバンクのオンライン専用ブランドは「20GB 2480円」「LINEギガノーカウント」で「LINEMO」として3月17日サービス開始へ

access_time create folderデジタル・IT

ソフトバンクは2月18日、昨年「SoftBank on LINE」の仮称で発表したオンライン専用の新ブランドを、「LINEMO(ラインモ)」の名称で2021年3月17日にサービスを開始することを発表しました。LINEのトークや通話をノーカウントとする「LINEギガノーカウント」の特徴はそのままに、20GBで2480円(税別)と料金を改定して発表しています。

サービスの特徴として、「SoftBankネットワーク」「オンライン専用」「LINEシナジー」の3点を挙げています。まずネットワークについては、5Gを含むソフトバンクのネットワークを同一品質で提供。5G/6G対応の基地局数を2030年度には約35万局に展開する計画を明らかにしています。

オンライン専用の特徴として、eSIMの導入、オンラインで本人確認を可能にするeKYCの導入を発表。オンライン手続きで即日利用開始を可能にするとしています。物理SIMにも対応し、LINEMOで発行するSIMはiOSとAndroidの両方に対応することが質疑応答で明らかになりました。

LINEとのシナジーでは、月間8600万人が利用するLINEと一緒に、ユーザーフレンドリーなユーザー体験(UX)やユーザーインタフェース(UI)を提供していくとしています。

具体的には、LINEから申し込みページへ誘導し、オンラインで完結する申込手続きを可能に。サポートもLINEから誘導し、料金確認や追加データ購入が可能な他、FAQやチャットサポートも提供します。

サービスの詳細も発表されました。20GBで2480円の料金で、国内通話は20円/30秒の料金。キャリアメールは非対応です。

LINEギガノーカウントはトークと音声通話、ビデオ通話がノーカウントになる条件に加えて、月額240円で提供している「LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)」を2021年夏から無償で提供、クリエイターズスタンプが使い放題になることが発表されました。

オプションとして、1回あたり5分以内の国内通話が無料になる月額500円の「通話準定額オプション」、国内通話が月額1500円の完全定額になる「通話定額オプション」を提供。テザリング、フィルタリング、緊急通報メールと災害用伝言版の利用も可能。国際ローミングは通話料、データ使用量が別途かかる形で利用可能。手数料は契約事務手数料、SIM交換と再発行、MNP転出手数料、契約解除料が無料になります。

ソフトバンクブランドで提供するデータ容量無制限の「メリハリ無制限」は3月17日から提供開始。4Gでは50GBで7480円、5Gでは50GBで8480円だった料金を無制限で6580円(税別)にしたプランで、利用データ量が3GB以下の月はさらに1500円の割引を適用します。

小中容量ユーザー向けにワイモバイルが提供する「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」は2月18日から提供を開始します。料金はシンプルSがデータ容量3GBで1980円(税別)、シンプルMが10GBで2980円(税別)、シンプルLが20GBで3780円(税別)。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧