ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【動画】ウルヴァリンの歴史を2分19秒で振り返る 新作『ローガン』は介護と子守のロードムービー
  • 5月病な気分を明るく吹き飛ばせ! ディズニーが贈る珠玉のミュージカル作品5選
  • タイラー・ヘンリー19歳、霊媒師。「これが、僕の生きる道」。 『ハリウッド・ミディアム』
  • 『アクアマン』強くてチャーミングなヒーローに「お疲れ!」の声援!?安元洋貴&田中理恵登壇 最速応援試写会レポ
  • チャーリー・シーン、テレビ番組『トゥデイ』でHIV感染を告白へ
  • 映画『GODZILLA ゴジラ』の続編、マイケル・ドハティが監督へ
  • マッドマックスの花嫁が! ハーレイ・クインが! 2016年夏・秋のスター来日まとめ
  • ホラー映画『Mr.タスク』ツッコミどころ満載の予告編解禁 古谷徹が「なんでセイウチなんだ!?」と絶叫
  • 第88回アカデミー賞美術賞、『スター・ウォーズ』『ブリッジ・オブ・スパイ』ほか数々の優れた作品による厳しい賞レースになる見込み
  • 元殺人犯・昭和スターからプリキュアの敵まで!  全くタイプの違う北村一輝が堪能出来る映画まとめ
  • ふわっふわの子どもシンバ!『ライオン・キング』<超実写版>特報映像公開
  • アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットとの離婚やベル麻痺を患っていたことを語る
  • クリストフ・ヴァルツ、ジェームズ・キャメロン監督の映画『Alita: Battle Angel(原題)』に出演交渉中
  • キアヌ・リーヴス、マーティ・ノクソン監督のダーク・コメディ映画『To the Bone(原題)』に出演へ
  • 映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の予告編が初公開
  • 『ソウ』『インシディアス』……ホラーの名脚本家リー・ワネルが明かす“俳優がイイ役を得る秘訣”[ホラー通信]

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

50歳役を演じた鈴木福君、メロン熊と共演! 声優ファンも注目の『コドモ警察』

2月21日(木)〜2月25日(月)まで開催中の「第23回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。22日には映画『コドモ警察』の舞台挨拶、23日には“メロン熊”との雪上フォトセッションに鈴木福君が登場し、集まった観客から大きな歓声をうけました。

『コドモ警察』は『33分探偵』『勇者ヨシヒコ』シリーズを手がける、福田雄一監督による深夜ドラマの映画化。悪の組織「レッドヴィーナス」の罠にかかって特殊ガスを吸い込み子供の姿になってしまったエリート刑事たちが活躍するという、斬新なストーリーが人気を集めています。

舞台挨拶に登場した鈴木福くんは「北海道には何度も来ているけどゆうばりは初めて。こんなに積もっているの初めて見ました」と、一面に広がる銀世界に興奮気味。「ジュースを入れたコップを外に置いてシャーベットにする実験をしました」と子供らしく寒さを楽しんでいる様子でした。

福田監督は本作について「(福くんはじめ)子供たちには特に演技の指導はしなかった。大人っぽい難しいセリフを四苦八苦しながら言うところに面白味がある」とコメント。福君演じる“デカ長”は見た目は小学生でも中身は50歳のベテラン刑事。『太陽にほえろ』や『西部警察』といった、伝説の刑事ドラマを思わせる演出は、大人も思わずクスリと笑ってしまいます。

また、本作は声の出演も豪華なのでオタ女的にも注目。声だけ大人に戻ったデカ長たち「特殊捜査課」のメンバーのCVには平田広明さんや浪川大輔さんが起用されています。

■特殊操作課のメンバー

・大沼 茂 (50) / 鈴木福(大人の声:ゆうたろう)
・林 舞子 (30) /本田望結(大人の声:平野綾)
・渡辺 稔 (59) /鏑木海智(大人の声:平泉成)
・下山 武雄 (49) /青木勁都(大人の声:平田広明)
・川島 寛太 (39) /秋元黎(大人の声:野島裕史)
・今村 剛 (28) /竜跳(大人の声:浪川大輔)

福田監督らしいギャグ演出満載の物語に合わせて、子供たちが発する“イケメンボイス”にも注目の『コドモ警察』は3月20日より全国ロードショー。

映画『コドモ警察』
http://kodomokeisatsu.com/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき