ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【店頭レビュー】「これ実際に売ってるの?! 」ファミリー向け津波用シェルター&超強力軍用サーチライト

ライフアーマーNEO

店頭にある、気になる新製品をその場でレビューする「店頭レビュー」。今回は東急ハンズ新宿店から送ります。

「心動かす、きっかけ売り場」を公言するだけあり、東急ハンズの商品は一般のお店よりも“1歩”踏み込んだモノが多数並べられています。

ハンズ売り場

実際に出向き、グイグイと僕らのハートに来た今回のレビュー商品は2点。6F「DIYツール&マテリアル」でみつけました。以下、レビューをどうぞ。

地震津波用シェルター『ライフアーマーNEO』

この『ライフアーマーNEO』は個人所有を想定した地震津波用の“シェルター”

ライフアーマーNEO

素材はFRP(ガラス繊維強化プラスチック)、重量は約80kg、直径120cmというスペック。その出で立ちは、ガンダムに出てきそうな球形だ。

ライフアーマーNEO with 座高

コンパクトな見た目とは裏腹に、その搭乗可能人数は4名。身長170cm、体重60kg前後を想定での人数ではあるが、「そんなに入るのか」というのが正直な感想だった。

ライフアーマーNEO 内部

そこで記者たちも実際に乗り込んでみたが、なるほど、球形というのは無駄がない形状であることがよくわかった。

乗り込んでみる 乗れた 更に乗る

大人2人が入っても、案外に体積の余裕がある。(窮屈ではあるものの)もう二人入る事も可能だ。極端な大男でない限りは。

大人二人で乗る

内部にはポールがあるので、漂流したときや衝撃に備えてつかまることが出来る。また床下は収納になっているので、非常食や水などの災害用品、バッテリーなどを収納しておくことが可能だ。

床下収納 床下収納アップ

シェルターとしての耐久性はどうだろうか。

裏側 ライフアーマーNEO 側面

「民家の倒壊」を想定した衝撃テストではまず8tの圧力をかけたところ「軽々とクリア」したという。9.3tで微妙なクラック(ひび)が表面に生じた程度ということなので、剛性はかなり高いと言えそうだ。

FRP素材は軽く強いだけでなく電波透過性が高いので、GPSや携帯による外部とのやり取りも問題が無い。

しかし実際に中に入ると、気密空間ならではの息苦しさがあるのは確か。

この対策として、『ライフアーマーNEO』にはモバイルバッテリーによる換気システムが備えられている。この換気システムにより、3日間以上の滞在が可能となっているそうだ。また窓は内部からも開閉可能である。

ライフアーマーNEO ドア裏側
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。