ネットカフェのような秘密基地を作った2才の男の子が話題 「毛布にお菓子にiPadあれば無敵だよ」「可愛すぎるでしょ」

access_time create folder生活・趣味

国籍、肌の色、年齢などに関係なく“男性”は秘密基地が大好きな生き物です。

まだ2才の男の子が、まるでネットカフェのような秘密基地を作ってしまい、アメリカで話題となっています。

この投稿をInstagramで見る Noah Alexander Walker(@noahalexanderw)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CHZUJMwB0Sw/

ノア君の秘密基地は地下室のキャビネットの中にあります。ノア君を探していたお母さんがキャビネットの扉を開けると、そこにはお菓子を食べながらiPadのアニメを楽しむノア君が。

お母さんに話かけられても「いまそれどころじゃないの」と言わんばかりにガン無視です。

お母さんが「お邪魔かしら?」と聞くと、思いっきり首を縦に振り、ドアを指差して「早くドア閉めてよ」とアピール。

Instagramのコメント欄には以下のような声が集まっています。

・これ以上ないくらい完璧な秘密基地!
・「お母さん邪魔」ってはっきりと意志表示してるし
・「しばらくここにいるからまたあとでね」って言いたかったんだよ
・「ドア閉めてってね」という自己主張
・毛布にお菓子にiPadあれば無敵だよ
・2才にて漂う天才児の香り
・男性には自分の時間が必要だもんね
・可愛すぎるでしょ
・道理でニュース番組にも拾われるわけだ

この投稿をInstagramで見る Noah Alexander Walker(@noahalexanderw)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CIFJq_3BuXm/

ノア君の秘密基地は、テレビ番組でも取り上げられました。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CHZUJMwB0Sw/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧