動画を使って保険請求の時間を80%削減するBdeo

access_time create folderデジタル・IT

Bdeoは、オンライン通話の要領で事故等の様子を送信し、人工知能で動画を分析することで、損害保険請求の手続きに要する時間を80%削減する。スペインで創業された、このインシュアテック企業は、2020年11月に追加で500万ユーロを調達し、さらなる躍進が期待されている。

動画を人工知能で分析する請求手続き

保険業界では請求手続きの改善が大きな課題となっている。損害保険の加入者が保険会社と連絡するのは、事故が発生したときであり、そのユーザー体験は顧客満足度に大きく影響する。

Bdeoは人工知能・深層学習の技術を活用し、保険業界にデジタル・トランスフォーメーションをもたらそうとしてきた。その対象は、保険の自動加入から請求手続きまで構想に含まれる。

同社の特徴は、画像認識の技術にある。事故が発生した際に、加入者はオンライン通話を行い、その損害の様子を動画で送信すると、Bdeoの人工知能は、自動的に請求手続きを進める仕組みだ。

不正請求を防ぐと共に、処理にかかる時間を80%、そして、手続きにかかわるコストの7割が削減できるのが利点とされる。また、保険加入者にとっても顧客満足度が大きく向上した。

拡大する欧州のインシュアテック

2017年の創業後、同社はベンチャーキャピタルから100万ユーロの資金を調達した。加えて、2020年11月には、さらに、500万ユーロの投資を得て、製品開発と欧州内での事業拡大を目指している。

保険業界にテクノロジーを導入する動きは、インシュアテックと呼ばれ、大きなトレンドとなってきた。2019年だけでも、欧州のインシュアテック企業には8億ユーロが投資されているという調査がある。デジタル化の促進によって、業務の効率化が大きく進もうとしているのだ。

Bdeo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧