ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【GI有馬記念予想】人気馬を疑え!? 有馬記念の鉄則

top

今週の予想

競馬の1年を締めくくるグランプリレース、有馬記念。
今年はジャパンカップで死闘を演じたあの2頭の回避により、混迷の様相を呈している。
幾多もの情念が渦巻く暮れの中山で、今年最後の夢を叶えるのはどの馬か。

「人気馬を疑え!? 有馬記念の鉄則」
有馬記念と言えば、競馬を普段やらない人でも、年末ジャンボ宝くじを買うような感覚で、馬券に手を伸ばすという人も多いだろう。
要するに多くの素人がオッズに関与してくるため、当然人気馬はまず疑ってみる必要がある。

現在の1番人気は2冠馬『ゴールドシップ』であるが、古馬と対決するのはこれがはじめてである。
しかしながら今年の3歳馬は古馬と互角以上にやり合っており、人気するのも納得がいく。
ただ、この馬の脚質やスタートの悪さは、中山2500mというコースにおいては致命傷となる可能性がある。「同じく中山で行われた皐月賞で買ったのだから大丈夫」という人がいるが、これはあまりに安易な考え。
今年の皐月賞は、直線でポッカリと開いたインコースを突いて、前半のロスを挽回できたことが勝因。あの特殊な状況下を予想に組み込むのは、論理的ではない。

2番人気の『ルーラーシップ』だが、これもまたスタートの悪さに毎度泣かされてしまう馬だ。
天皇賞、ジャパンカップを物差しにすれば、ここでも間違いなく上位だが、
直線が短い中山コースにおいては、出遅れを挽回できるほどの余裕は無い。

『エイシンフラッシュ』は、天皇賞や去年の着順が影響し、3番人気になっているようだが、
正直これも過剰な人気と言って過言で無いだろう。
まず昨年の有馬記念は、ドが付くほどのスローペースであり、瞬発力勝負が得意なこの馬にとっては
願ってもいない条件だった。
天皇賞秋の勝利は、どの馬よりもコースロスなく、ラチ沿いを走れた事が大きかった。
要するに展開の助けがなければ、パフォーマンスを発揮できない馬なのである。
しかし内枠を引いたため、位置取り次第では去年の再現もあり得る。

このように人気馬を疑って分析した結果、導き出した結論が以下である。

◎トレイルブレイザー
○ダークシャドウ
▲エイシンフラッシュ
△スカイディグニティ
△ダイワファルコン
△トゥザグローリー
△ゴールドシップ

・本命は前走アメリカのG1、BCターフ4着の『トレイルブレイザー』
恐らくハナを切るビートブラックの直後あたりの絶好位で競馬ができそう。
遠征帰りの影響からか、調教であまり動いていないのが、人気に影響しているようだが、
元々あまり調教から動くような馬ではないので、そこまで懸念する必要はないだろう。
4角手前で早め抜け出すという展開にぴったりはまれば、悲願のG1制覇も夢ではない。

・対抗は天皇賞・JCともに4着の『ダークシャドウ』
前走は直線でルーラーシップとほぼ同じ位置を走ってきて差のない4着だったため、
ストライドが大きく、小回りに向かない脚質のルーラーを買うのであれば、人気的にこちらをオススメする。
近走は後ろからの競馬が多いが、基本的にはどの位置からの競馬もできる馬なので、
この特殊なコース形態にも適応できる可能性は極めて高い。

・単穴は秋の天皇賞馬『エイシンフラッシュ』
上でも述べたように、1枠を引いたため今年もラチ沿いで、脚を溜める競馬ができれば十分に力を出せそう。
さすがにペースは昨年ほど遅くはならないが、ハイペースということはないだろう。
再びデムーロ騎手とのコンビを結んだのも好材料。

・伏兵にそれぞれ『スカイディグニティ』 『ダイワファルコン』 『トゥザグローリー』 『ゴールドシップ』を推す。
スカイディグニティは能力的には若干足りないが、菊花賞組というのは好走例が高く、斤量差を踏まえて抑えておく。
ダイワファルコンは、今回ハナに行っても良さそうなメンバーなため、逃げ粘りに期待。
トゥザグローリーは前走の負けで人気を落としているが、2年連続の3着の実績は侮れない。
ゴールドシップは相当なロングスパートが必要となるが、2頭の兄が証明した伝説の血統でどこまで食い込めるか。

買い目

三連複1頭軸流し 8→ 2,3,7,10,11,13=100円×15点
三連複1頭軸流し 10→ 2,3,7,11,13=100円×10点

計2500円
—————————
累計投資金額: 2万6600円
累計回収金額: 3万9520円
トータル収支: +1万3120円
—————————
※[画像]Flickr MJ/TR (´・ω・) [http://www.flickr.com/photos/mujitra/5004839703/]

すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき