ゲーミングデバイス業界に参入した老舗オーディオメーカーJBLの新製品内覧会へ潜入!

access_time create folderゲーム
ゲーミングデバイス業界に参入した老舗オーディオメーカーJBLの新製品内覧会へ潜入!

 

ブランド初となるゲーミングヘッドセット「JBL Quantum ONE」などが今年2020年より登場した、世界最大級のオーディオメーカー「JBL」などの販売を行うハーマンインターナショナル株式会社が、2020年秋冬新製品内覧会を行いました。
なんとfunglr Gamesもこの内覧会にご招待いただき、ハーマンインターナショナルが誇るピュアオーディオ製品や発売前の製品を体験することができました!
今回は、前回公開した事業戦略プレゼンテーションの内容に続き、「JBL」や「マークレビンソン」といったハーマンインターナショナルが販売するブランドの製品を実施に触って確かめられるタッチ&トライコーナーをレポートしちゃいます!

魅力的なJBLのポータブル製品に触れる

JBL Pulse 4 & JBL Boombox 2
JBL Pulse 4 & JBL Boombox 2 – funglr Games

まずは前回お伝えした事業戦略プレゼンテーションで、ひときわ主張が激しかった「JBL Pulse 4」などのラインナップがあるJBLのポータブルBluetoothスピーカーのコーナーから!
写真左が「JBL Pulse 4」で、右は「JBL Boombox 2」です。
「JBL Boombox 2」はポータブルとはいえかなりの大きさ。
全長は484mm、重量は約6kgとのことなので、いつぞやの時代よろしく肩に抱えて音楽を聴くというのができてしまうかも。
「よし!じゃあやってみよう!」と思いましたが、さすがにそんなことをしたら浮きに浮いてしまいそうだったので、さすがに自重しました。

JBL Boombox 2
タイプ
ポータブルBluetoothスピーカー​
カラー
ブラック​
再生時間・充電時間
約24時間再生・約6.5時間充電(5V/0.9A時)
※充電・再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。
※充電には付属のACアダプターをご利用ください。​
防水機能
​IPX7
サイズ(H x W x D)
201 × 484 × 256 (mm)
重量
約5.9kg
Bluetooth
​バージョン 5.1 (Class 2)
対応プロファイル
​A2DP、AVRCP
スピーカー構成
​20mm 径ツイーター×2
106mm径ウーファー×2
パッシブラジエーター×2
最大出力
​最大40W×2
周波数特性
50Hz – 20kHz​
付属品
​AC電源アダプター、電源ケーブル
参考価格
​JBLオンラインストア販売価格44,800円(税抜)

JBL Pulse 4
JBL Pulse 4 – funglr Games

そしてお待ちかねの「JBL Pulse 4」ですが、先ほどよりも照明が薄暗いためさらにライティングが目立つ!
このライティング、なんとただ光ってるだけではないのです。
サウンドとイルミネーションが連動したり、音量を光で見えるようになっていたり、音と光で音楽を楽しめます。
光り方がとにかくカッコいいので、音を出さなくても置いとくだけで映えますね。

JBL Pulse 4
JBL Pulse 4 – funglr Games

とはいえ、スピーカーを名乗るなら、それもJBLの製品なら、肝心なのは音質。
Bluetoothを接続してチェックしたところ、これがなかなかパワフル!見た目も相まってかなりパリピな音ですね。
ポータブルとは思えないしっかりした重低音が出ます。
しかし、そんな低音に負けないためなのか、本体は結構ズシリと感じる重さでした。
ダンベル代わりになるレベルで重いので、ここぞという時に気合いを入れてカバンに忍ばせたいところです。
また、IPX7の防水性能を備えているので照明を消したお風呂で使うというのもいいかもしれません。

ちなみに「これはゲーミングスピーカーですか?」と案内していただいた方に聞いてみたところ、どうやら違うらしいです。
でも、配信に「JBL Pulse 4」が映ってたら、かーなーり映えますよね。
ゲーミングデバイス業界には「ただ光るだけの棒」があるくらいですから、配信をするなら光るデバイスはどんどん集めていきたい・・・!

JBL PULSE 4
タイプ
ポータブルBluetoothスピーカー
カラー
全2色(ブラック、ホワイト)
連続使用時間
最大約12時間再生
※充電・再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。​
充電時間
約3.5時間充電(5V/3A時)
※組みあわせるACアダプターの性能によって充電時間は変動します。
防水機能
​IPX7
サイズ(H x W x D)
207 × 96 × 96 (mm)
重量
約1260g
Bluetooth
​バージョン 4.2 (Class 2)
対応プロファイル
​A2DP、AVRCP
スピーカー構成
​57mm 径ドライバー×2
パッシブラジエーター×1
周波数特性
70Hz – 20kHz​
最大出力
​最大20W
付属品
充電用USB Type-Cケーブル (1.2m、5V3A対応)
参考価格
​JBLオンラインストア販売価格19,800円(税抜)

ポータブルスピーカー
ポータブルスピーカー – funglr Games

続いて、前回の事業戦略プレゼンテーションでも発表された2020年11月13日より新発売となる「JBL GO3」、中央の丸いのは「JBL HORIZON 2」、一番右がラジオ搭載のスピーカー「JBL TUNER2 FM
こうして並べてみると、「JBL GO3」の小ささが際立ちます。
「JBL HORIZON 2」、「JBL TUNER2 FM」はFMラジオを聴くことができるスピーカーとなっており、さらに「JBL HORIZON 2」は目覚まし時計にもなります。
「JBL」というと高級なスピーカーというイメージがありますが、こうして見ると意外にも日常生活に取り入れやすい、身近な製品も多く出ていますね。

JBL GO3
タイプ
ポータブルBluetoothスピーカー
カラー
全6色(ブラック、ブルー、レッド、グレー、オレンジ、ピンク)
Bluetooth
​バージョン 5.1
防水機能
IP67
連続使用時間
最大約5時間
※充電・再生時間は使用環境により異なります。​
電池
リチウムイオン充電池
充電:約 2.5 時間、再生:約 5 時間
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
サイズ(H x W x D)
75 x 87.5 x 41.3 (mm)
重量
約209g
対応プロファイル
​A2DPv1.3、AVRCPv1.6
オーディオ入力
Bluetooth​
対応コーデック
SBC
使用ユニット
43 x 47mm径フルレンジスピーカー × 1
周波数特性
110Hz – 20kHz​
最大出力
​最大4.2W
付属品
充電用USB ケーブル (USB Type-C)
発売日
2020年11月13日(金)
参考価格
​JBLオンラインストア販売価格4,380円(税抜)
JBL HORIZON 2
タイプ
アラームクロック付きBluetoothスピーカー
カラー
ブラック
サイズ(H x W x D)
75 x 87.5 x 41.3 (mm)
重量
約209g
Bluetooth
​バージョン 4.2
オーディオ入力
Bluetooth、外部音声入力
使用ユニット
38mm × 2
最大出力
​最大8W (4W × 2)
周波数特性
75Hz – 20kHz​
付属品
電源アダプタ、FMアンテナ
参考価格
​JBLオンラインストア販売価格4,380円(税抜)
JBL TUNER2 FM
タイプ
ワイドFM搭載ポータブルBluetooth スピーカー
カラー
ブラック
再生時間・充電時間
約12時間再生・約3.5時間充電(5V/0.9A時)
※充電・再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。
※組みあわせるACアダプターの性能によって充電時間は変動します。
防水機能
IPX7
サイズ(H x W x D)
70 × 180 × 72 (mm)
重量
約543g
Bluetooth
バージョン 4.2 (Class 2)
対応プロファイル
A2DP、AVRCP
スピーカー構成
44.45mm 径ドライバー×1、パッシブラジエーター×1
最大出力
最大5W
周波数特性
80Hz – 20kHz
付属品
充電用USB Type-Cケーブル (1.2m、5V3A対応)
参考価格
JBLオンラインストア販売価格11,800円(税抜)

発売前のヘッドホン&イヤホンが展示!

JBL最上位ライン「CLUB」シリーズと「JBL TUNE115TWS」
JBL最上位ライン「CLUB」シリーズと「JBL TUNE115TWS」 – funglr Games

ポータブルBluetoothスピーカーの隣に並んでいたのは、JBLのイヤホンやヘッドホン!
JBLのヘッドホンといえば、funglr Gamesでは「JBL Quantum」シリーズをよく取り上げていますね。
ここに並んでいるのは、JBLで新たに誕生するヘッドホンの最上位ライン「CLUB」シリーズや、完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルと「JBL TUNE115TWS」です。
左から

CLUB ONE
CLUB 950NC
CLUB PRO+ TWS
JBL TUNE115TWS

・・・となっています。
どれも内覧会開催時は未発売のモデル。
特に、「CLUB」シリーズはJBLブランドでは初となるハイブリッド式ノイズキャンセリングがヘッドホン、イヤホン共に搭載されており、事業戦略プレゼンテーションでもノイズキャンセリングが今伸びていると発表がありました。
今後もますますモデルが拡大されていくかもしれませんね。

製品名
CLUB ONE
CLUB 950NC
CLUB PRO+ TWS
タイプ
ハイレゾ対応ワイヤレスハイブリッド式ノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン
ハイレゾ対応ワイヤレスハイブリッド式ノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン
ハイブリッドノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン
カラー
ブラック
ブラック
ブラック
Bluetooth
バージョン5.0
バージョン5.0
バージョン5.1
ユニット
40mmダイナミックドライバー
40mmダイナミックドライバー
6.8mmダイナミックドライバー
対応プロファイル
A2DP 1.3、AVRCP 1.5、HFP 1.6
A2DP 1.3、AVRCP 1.5、HFP 1.6
A2DP V1.3、AVRCP V1.6、HFP V1.7
周波数特性
(パッシブ)10Hz~40kHz
(アクティブ -BT時)20Hz-20kHz
(パッシブ)16Hz~40kHz
(アクティブ -BT時)20Hz-20kHz
10Hz~20kHz
インピーダンス
32Ω
32Ω
16Ω
対応コーデック
SBC、AAC
SBC、AAC
SBC、AAC
重量
約378.5g
約372g
イヤホン本体:左右各約7g
充電ケース:約55.4g
連続使用時間
充電時間: 2時間
Bluetooth接続時再生時間: 45時間
Bluetooth・ANC再生時間: 23時間
Aux-in・ANC再生時間: 25時間
急速充電15分充電で約2時間再生可能
充電時間: 2時間
Bluetooth接続時再生時間: 55時間
Bluetooth・ANC再生時間: 25時間
Aux-in・ANC再生時間: 30時間
急速充電15分充電で約2時間再生可能
ANCオン時イヤホン本体約6時間+ケース18時間=約24時間
ANCオフ時イヤホン本体約8時間+ケース24時間=約32時間
急速充電約10分の充電で1時間再生可能
付属品
・マイク付1.2mオーディオケーブル
・ 3.5mm to 6.3mmオーディオプラグ
・ 1.5m コイルケーブル
・フライトアダプター
・ USB充電ケーブル
・キャリングケース
・マイク付1.2mオーディオケーブル
・ USB充電ケーブル
・キャリングケース
・イヤーチップ(S、M、L M装着済)
・充電用USBケーブル 
発売日
2020年11月中旬
2020年11月中旬
2020年11月中旬
参考価格
JBLオンラインストア販売価格34,800円(税抜)
JBLオンラインストア販売価格24,800円(税抜)
JBLオンラインストア販売価格22,800円(税抜)
JBL TUNE115TWS
タイプ
Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン
カラー
ブラック、ホワイト
Bluetooth
バージョン 5.0
対応プロファイル
A2DP 1.3、AVRCP 1.6、HFP V1.7
ユニット
5.8mm径ドライバー
周波数特性
20Hz-20kHz
対応コーデック
SBC、AAC
重量
イヤホン本体:各約5g
充電ケース:約41.5g
連続使用時間
電池(イヤホン):充電: 約2時間 音楽再生: 最大約21時間
電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約15時間
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
付属品
USB Type-C充電ケーブル、イヤーチップ(S / M / L)
発売日
2020年11月中旬
参考価格
JBLオンラインストア販売価格7,880円(税抜)

もちろんゲーミングヘッドセット「JBL Quantum」シリーズも!

JBLにゲーミングエリアが!
JBLにゲーミングエリアが! – funglr Games

そして忘れてはいけないのが「JBL Quantum」シリーズ。
高級なオーディオ製品が立ち並ぶラグジュアリーな雰囲気に混じってゲーミング設備が整えられています。
「JBL Quantum」シリーズが勢揃いの、ゲーミングデバイス好きにはたまらない空間です!

JBL Quantum ONE
JBL Quantum ONE – funglr Games

funglr Gamesにもご提供いただいた、シリーズのフラッグシップモデル「JBL Quantum ONE
音質はもちろん、装着感も優れているためfunglr Gamesの配信で大活躍してます。
「JBL Qunatum ONE」がカッコいいのは言うまでもないのですが、スタンドもロゴが入っててカッコいい・・・

JBL Quantum 400
JBL Quantum 400 – funglr Games

税抜1万円以下の有線モデル「JBL Quantum 400」を使ってみました。
上位モデルの「JBL Quantum ONE」「JBL Quantum 800」にはアクティブノイズキャンセリング機能が搭載されていますが、こちらは非搭載となっています。
しかし、会場内は高音質な音楽が結構な大音量でかかっていたのですが、「JBL Quantum 400」を着けるとかなり遮音されました
それでいて耳をギュッと締め付けるようなキツさはなく、ふんわりと包み込んでくれるような優しいホールド感なのは嬉しいですね。
JBL QuantumENGINE」にも対応しているため、「JBL QuantumSURROUND」で横だけでなく縦方向の音場も再現可能です。
「Quantum ONE」「Quantum 800」と違い有線にはなりますが、その分お手頃な価格になるので「有線でも全然いいよ!」という人には超オススメ。

JBL Quantum 400
JBL Quantum 400 – funglr Games

もちろん光ります。(重要)

ラグジュアリーオーディオに時を忘れる・・・

JBL 4349
JBL 4349 – funglr Games

ハーマンインターナショナルが販売するJBLのホームスピーカーや、マークレビンソンのプレーヤー&アンプによるラグジュアリーオーディオを堪能できるエリアももちろんあります!
ソファに腰かけて、高音質なオーディオを心置きなく楽しむ・・・なんて贅沢な時間でしょうか。
今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で自宅で過ごす時間が増えたかと思いますが、自宅のオーディオ周りにこだわり始めるには機会かもしれませんね。

ハイクオリティなオーディオの世界を楽しむ
ハイクオリティなオーディオの世界を楽しむ – funglr Games

「いつまでも聴いていられる!」と思えるような環境でしたが、残念ながらあっという間に時間が過ぎてしまいました。
盛り上がりを見せるゲーミング業界に満を持して参入した老舗オーディオメーカーのJBLですが、やはりその実力は本物。
今回の内覧会でまざまざとその力を見せつけられました。「JBL Quantum」シリーズも、今後のラインナップがどうなっていくのか非常に楽しみです!
JBLの製品やニュースについては、JBLオフィシャルホームページからご確認を!
JBLをはじめとしたハーマンインターナショナルが取り扱うブランドの公式通販サイト「Harman Audio」もあわせてチェック!

© 2020 Harman International Industries, Incorporated. All rights reserved.


関連記事リンク(外部サイト)

ゲーミングオーディオ積極展開中!JBLブランドを手掛けるハーマンインターナショナル新製品内覧会に行ってきた!
「JBL Quantum」シリーズが当たる記念キャンペーン開催!JBLとFAV gamingがスポンサーシップ契約を締結
「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10」配信!ゼルダ無双の体験版も配信開始!

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧