脚が2本折れた大阪・道頓堀「かに道楽」の看板が復活ッッ「よっしゃ~おかげさまで元気になりました」

access_time create folderエンタメ

グリコやカールおじさん、巨大なタコなどさまざまな大きな看板が並ぶ大阪・道頓堀。
「かに道楽」の動くカニの看板も名物のひとつであるが、10月20日に本店の看板の脚が「勤続疲労で骨折」ということで話題となる。

脚が2本とれた看板、

あちゃ~
勤続披露で
折れちゃった?

と書かれた紙が甲羅の上に貼られ、「全治4日」と報じられていた。

関連
Twitterのモーメント:

大阪「かに道楽」看板のカニが勤続疲労で脚を骨折 全治4日ということです

https://twitter.com/MomentsJapan/status/1318447905905152000[リンク]

24日、無事修理を終えた脚がとりつけられ無事“完治”。今度は

よっしゃ~
おかげさまで
元気になりました

と書かれた紙が甲羅の上に貼られ、元気に脚を動かしていた。治療前と治療後という、なかなかにレアな状態のカニの看板。それぞれ多くの方が記念に撮影を行っていた。

この件を報じたヤフーニュースやライブドアニュースのツイートは多くのリツイートや「いいね」を集め、

「おめでとう」
「よかったね」
「ほっこりした」

といったような返信が多数寄せられていたようである。

※画像(3点)は2020年10月21日および24日に大阪・道頓堀にて撮影
見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/2781820[リンク]

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧