iPhone 12シリーズで4G SIMは使える? ドコモ・ソフトバンク・auに対応状況を聞いてみた

access_time create folderデジタル・IT

いよいよ今週末にiPhone 12および12 Proが発売(出荷)となります。iPhone 12シリーズは、5G対応端末ということで主要キャリアも5G対応を打ち出して5G普及促進を狙っています。一方で、5Gエリアがまだ少ないのと、5Gプランにすると月額料金が値上がりするケースもあり、5Gの恩恵を十分に受けられないなら4G契約のままiPhone 12シリーズを使いたい、というニーズもあります。そこで、主要各社におけるiPhone 12の5G対応について、4G契約のSIMの動作状況に対する公式見解を確認しました。

また、「キャリアが徹底チューニングしたiPhone」という事に対して、実際にどのようなチューニング、対応がなされるのかなどを取材しました。

NTTドコモの回答

動作保証外となるが、実際に4G契約SIMを挿して使用することは可能。「シェアパック」、「2台目プラス」の契約をしていた場合、解約となる。

5Gのご契約とご利用機種に関するご注意事項 | 通信・エリア | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/area/5g/notice.html[リンク]

ドコモでは、iPhoneに限らず、端末メーカーとチューニングの取り組みをしているということで、iPhone 12シリーズでは国内最高速(受信時最大3.4Gbps)や、より広いエリアで5Gを体験できるように端末の対応周波数の拡大を実現しているとのこと。

5G通信が必要かどうかを判断して5Gと4Gを自動的に切り替えることで、5Gの高速データ通信利用による過度のバッテリー消費を抑える“スマートデータモード”についてはドコモも対応。

3人以上の家族でドコモを使用の場合には、「5Gギガライト」と「みんなドコモ割」で月額1980円から利用可能。

ソフトバンクの回答

4G契約SIMを挿して使用するのは、サポート対象。ただし、(当然のことながら)5Gエリアであっても4G回線のままとなる。

以下のパターンで4G契約SIMがiPhone 12シリーズで使用可能です。

・SIMフリーiPhone 12シリーズにソフトバンク 4G契約SIMを挿して使用する
・ソフトバンクショップにて、iPhone 12へ機種変更し、5Gプランに移行したが、別の4G契約のSIMに挿し替えて使用する

また、5G契約のSIMに関しても以下のパターンが使用可能です。
・SIMフリーiPhone 12シリーズに、ソフトバンクの5G契約のSIMを挿して使用する

注意すべき点は、ソフトバンクショップにてiPhone 12シリーズへ機種変する際は、5Gプランへの加入が必要となる(4Gプランを維持したままiPhone 12シリーズへの機種変は不可能)ため、4G契約のSIMでiPhone 12シリーズを使いたい場合には、SIMフリーのiPhone 12を購入する必要があります。

チューニングに関しては、不要な時に5Gを使わないようにしてバッテリーの持ちをよくすることができる。

ソフトバンクでは「5G LAB」という5G時代ならではの臨場感溢れる視聴体験を実現するコンテンツ配信サービスを独自に提供。

5G LAB
https://5glab.mb.softbank.jp/[リンク]

au(KDDI)の回答

auでは、「原則5Gプランへの移行が必要」としており、お客様センターに電話をして機種変更手続きをする場合にはSIMの交換は不要。店頭持ち込みの場合には、5G通信が確実に行えるように、新たなSIMと交換となる。

公式見解としては、4G契約SIMをiPhone 12シリーズに挿しても「使用できない」とのこと。

新プランに移行後も、5Gエリアでは5G通信を、4Gエリアでは4G通信を行う。5Gエリアは拡充途上のため、5Gプラン移行のユーザーにはお申し込みの翌月から12カ月間、月々1,000円を割り引く「5Gスタート割」を提供。

5Gスタート割
https://www.au.com/mobile/campaign/5g-start-wari/[リンク]

5Gエリアかどうか判定して、動画品質のコントロールなどを適用する「au 5Gエクスペリエンス」を提供。

チューニングに関しては、通信速度を安定させるパラメータの最適化や、端末の電池持ちを向上するための無線パラメータのチューニングを実施。VoLTEの発着信成功率を上げるために端末・ネットワーク双方で様々な工夫をしている。

まとめ

「動作保証外」「自己責任で」と言われて心配になる人は、4G契約SIMでの使用がサポートされているソフトバンクで使用するのが確実かと思います。現在、ソフトバンクで4Gスマートフォンを使っている人は、SIMフリーiPhone 12を買ってもそのまま使えて安心ですね。また、将来的に別の機種を買ってiPhone 12シリーズを家族に譲り渡すなども場合でも、家族の契約は4Gのまま機種を使い続けられる点も嬉しいポイントです。

また、NTTドコモユーザーも動作保証外とはいえ、5G対応Android機種においても実質4G契約SIMが使えていたこともありますので、iPhone 12を使用しても問題ないと言えるでしょう。

auに関しては、4G契約SIMでは使用できないという公式見解でした。発売後に4G契約のSIMを挿してみて、実際に使用できるかどうかを試してみる予定です。

(執筆者: ipodstyle)

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧