ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京・専門店の肉まん 10選

中野『手作り点心 また明日。』

様々な味覚が揃う食欲の秋。だが、季節の変わり目でもあるこのシーズン、まだ寒さに慣れていない体が、温かいものをほしがる時期でもある。その中でもおすすめしたいのが、肉まんだ。ここでは、貝柱でだしをとった高級店から、庶民派だが本場の味が楽しめるまんじゅう店まで、10店を紹介する。店頭で“できたて”を、もしくは持ち帰って蒸してアツアツを味わってほしい。

世田谷『手作り台湾肉包 鹿港』

世田谷『手作り台湾肉包 鹿港』

世田谷線、上町駅か世田谷駅を降りて世田谷通りへ、両駅の中ほどにある。同店では、台湾の肉まん、肉包(ローパオ)を販売している。種類は、肉まん、あんまん、まんとう(中華蒸しパン)、黒糖まんとう(黒糖入り)の4種類。同店の特徴は、きめ細かくふわふわと柔らかい皮だ。これが他では味わえない食感を生み、そのほんのりとした甘みが、独特の味わいがある豚肉、ネギと見事に調和している。人気店のため、売り切れることも多い。事前に連絡し、おさえておくことをおすすめする。

最寄り駅:東急世田谷線『上町』駅、『世田谷』駅
価格:1個 140円
お店:手作り台湾肉包 鹿港 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

中野『手作り点心 また明日。』

中野『手作り点心 また明日。』

中野ブロードウェー 地下1階にある点心の専門店。和豚もちぶたを使用した手作りの肉まん・シューマイ・ギョーザは、サイズが大きく、なかはジューシィ。なかでも肉まんは手にとるとずっしりとしており、和豚もちぶたの餡がたっぷりと詰まっているため、ひとつ食べるだけでも十分に満足できる。イートインスペースもあるので、出来立てをその場で味わうことも可能。

最寄り駅:JR『中野』駅
価格:1個 173円
お店:手作り点心 また明日。 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

巣鴨『駿河屋』

巣鴨『駿河屋』

巣鴨駅前に店を構えるまんじゅう屋。名物、福々まんじゅう(あんまん)やコーヒー大福のほか、シューマイ、肉まんじゅうを販売している。サイズはやや小ぶりで、手作りの皮はふっくらとしており柔らかい。キャベツが大目に入ったあんは甘みがあり、噛むほどに深みが出てくる。和風の味付けでさっぱりしており、脂っこさがないのが特徴だ。現在、店舗があったビルが工事中のため、1年ほどは臨時の店舗で販売している。

最寄り駅:JR『巣鴨』駅
価格:1個 120円
お店:駿河屋 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

三軒茶屋『包包』

三軒茶屋『包包』

三軒茶屋駅、世田谷通り口を出てすぐ、エコー仲見世商店街の中にある点心専門店。飲茶職人が作る、数種類の肉まん(肉包)、ちまき、そして中華惣菜などを販売している。肉まんはサイズが3種類あるが、小ぶりなので迷わず大を。柔らかな口当たりの生地をかむと、タケノコのシャキっとした歯ごたえ、そしてコクのある餡から溢れる肉汁が口の中に広がる。

最寄り駅:東急田園都市線『三軒茶屋』駅(世田谷通り口)、世田谷線『三軒茶屋』駅
価格:1個 180円
お店:包包 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

1 2次のページ
タイムアウト東京の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy