ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

風邪やウィルスの季節 冬の”かくれ脱水”に気をつけよう!

風邪やウィルスの季節 冬の”かくれ脱水”に気をつけよう!

まもなく12月。日に日に冷え込みと乾燥が厳しくなりますね。「喉が痛い」「肌がカサカサする」という人も多いと思います。ところで、冬にも脱水症状になる可能性があるって知っていましたか? 夏と違い、気づきにくい冬の脱水症状 ”かくれ脱水”に気をつけましょう。

かくれ脱水とは?

大人の体の約60%は水分に塩分が混ざった電解質です。人は飲食で水分と塩分を補給し、排泄や発汗で1日のうちに1.5~2リットルほどの水分・塩分を失っています。血液やリンパ液、消化液などの体液がバランスよく一定に保たれることで、健康な状態を維持しています。

夏と違い「体が水分を失っている」という感覚が鈍くなる冬は、知らないうちに脱水症状が進行することが多いのです。

キーワードで”かくれ脱水”をチェック!

さて、自分が“かくれ脱水”かどうかは、以下の4項目のキーワードでわかります。

・カサ…肌がかさかさする
・ネバ…口の中がネバネバする・熱っぽい
・ダル…体がだるくて仕方ない
・フラ…めまいがする・足元がふらつく

体の水分と塩分が失われると脱水症状が起こります。最初は“のどが乾く”“だるい”といった症状から始まり、放っておくと食欲低下や立ちくらみなどが起こります。さらに重症になると血圧低下や内臓への血流低下などが起こり、自力で動けなくなるほどの危険な状態に陥ることがあります。

“かくれ脱水”を予防するには「喉が渇く前に水分補給をする」「運動する際は運動前・運動中・運動後に水分補給」「子どもとお年寄りは特にこまめに補給する」と覚えておきましょう。前述のキーワードから“かくれ脱水”を感じたら、スポーツドリンクやイオン飲料を摂りましょう。水分だけでは低ナトリウム血症という塩分不足の状態を起こしやすくかえって危険なことがあります。

風邪やウイルスにかかったら“かくれ脱水”に注意!

冬は風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの病気になりやすい季節です。下痢や嘔吐を繰り返すと脱水症状になります。ほうっておくとますます体調が悪化します。下痢や嘔吐などの症状の後は、経口補水液でしっかりと水分と電解質を補給し、安静にして過ごしましょう。

“かくれ脱水”についての詳しい情報は『冬脱水SOS「かくれ脱水」JOURNAL(http://www.kakuredassui.jp/)』に掲載されています。

体力のない子供や、体の変化に気づきにくいお年寄りは、冬の“かくれ脱水”がダメージとなり、命が危なくなってしまうことも考えられます。ただの水分不足と甘く見ず、上手に水分補給をして寒い季節を乗り切りましょう。

画像:冬脱水SOS「かくれ脱水」JOURNAL(http://www.kakuredassui.jp/)より引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「相澤マイコ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy