auが「Xperia 5 II」「Galaxy Note20 Ultra」や折り畳み2モデルを含む秋冬モデルの5G対応スマートフォン6機種を発表 今後すべてのスマートフォンを5G対応へ

access_time create folderデジタル・IT

KDDIは9月25日、「UNLIMITED WORLD au 5G発表会 2020 Autumn」を開催。5G対応スマートフォン6機種を発表し、今後発表するすべてのスマートフォンを5G対応とすることを明らかにしました。6機種のうち、折りたたみ式スマートフォン2機種はau限定モデル。

「Xperia 5 II」は、ソニーのデジタル一眼カメラ「α」譲りの撮影体験が可能な写真撮影機能「Photography Pro」、4K HDR 120コマ/秒のスローモーション撮影への対応、ゲームの快適なプレイを実現する120Hz駆動、高速タッチレスポンス対応の有機ELディスプレイの搭載が特徴。10月下旬に発売を予定。

約6.1インチ FHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W68×H158×D8.0mm(最厚部9.1mm)、重量は約163g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、8GB RAMと128GBストレージ、4000mAhバッテリー、約1220万画素/約1220万画素/約1220万画素のカメラ、約800万画素のインカメラを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は受信時最大3.4Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはブラック、グレー、ブルー、ピンク。

「Galaxy Note20 Ultra 5G」は、CPUに最新のSnapdragon 865 Plus、128GB RAM、256GBストレージを搭載するGalaxy Note20の上位モデル。「Sペン」はレイテンシーが前モデルの42msから9msに改善され、本物のペンのような感覚で描くことが可能。10月中旬に発売を予定しています。

約6.9インチ Quad HD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W77×H165×D8.1mm(最厚部10.8mm)、重量は約208g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 Plus 3.0GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、12GB RAMと256GBストレージ、4500mAhバッテリー、約1200万画素/約1億800万画素/約1200万画素のカメラ、約1000万画素のインカメラを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は受信時最大4.1Gbos、送信時最大481Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。本体カラーはミスティック ブロンズ、ミスティック ブラック。

「Galaxy Z Fold2 5G」は、前モデルと比べて約12%大きくなった約7.6インチの大画面が使える折り畳み式スマートフォン。畳んだ状態の画面サイズも前モデルの4.6インチから6.2インチに大画面化しています。11月上旬に発売予定。

メインディスプレイは約7.6インチ QXGA+、カバーディスプレイは約6.2インチ HD+、本体サイズは開いた状態で約W128×H159×D6.1mm(最厚部9.4mm)、閉じた状態で約W68×H159×D13.8mm(最厚部16.7mm)、重量は約282g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 Plus 5G Mobile Platform 3.0GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、12GB RAMと256GBストレージ、4500mAhバッテリー、約1200万画素/約1200万画素/約1200万画素のカメラ、約1000万画素/約1000万画素のインカメラを搭載。通信速度は受信時最大3.4Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。本体カラーはミスティック ブロンズ。

「Galaxy Z Flip 5G」は、5Gに対応した縦型の折りたたみ式スマートフォン。11月上旬の発売を予定しています。

メインディスプレイは約6.7インチ FHD+、カバーディスプレイは112×300ドット、本体サイズは開いた状態で約W74×H167×D6.9mm(最厚部7.2mm)、閉じた状態で約W74×H87×D15.4mm(最厚部17.4mm)、重量は約183g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 865 Plus 5G Mobile Platform 3.0GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、8GB RAMと256GBストレージ、3300mAhバッテリー、約1200万画素/約1200万画素のカメラ、約1000万画素のインカメラを搭載。通信速度は受信時最大3.4Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/ac/axのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。本体カラーはミスティック ブロンズ。

「Galaxy A51 5G」は、クアッドカメラにGalaxy初のマクロカメラを搭載するスマートフォン。40mmの近距離にある被写体でも精細な撮影が可能。11月中旬の発売を予定しています。

約6.5インチ FHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W74×H159×D8.8mm(最厚部9.3mm)、重量は約189g。OSはAndroid 10、CPUはQualcomm Snapdragon 765 5G Mobile Platform 2.4GHz/1+2.2GHz/1+1.8GHz/6、6GB RAMと128GBストレージ、4500mAhバッテリー、約500万画素/約4800万画素/約1200万画素/深度測位約500万画素のカメラ、約3200万画素のインカメラを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は受信時最大2.1Gbos、送信時最大183Mbps。IEEE802.11a/b/g/n/acのWi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。本体カラーはプリズム ブリックス ホワイト、プリズム ブリックス ブラック。

「AQUOS sense5G」は、AQUOS senseシリーズ初の5G対応スマートフォン。2021年春の発売を予定しています。

約5.8インチ FHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約W71×H148×D8.9mm(暫定値)、重量は測定中。OSはAndroid 11、CPUはQualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platform 2.0GHz/2+1.7GHz/6、4GB RAMと64GBストレージ、4570mAhバッテリー、約1200万画素/約1200万画素/約800万画素のカメラ、約800万画素のインカメラを搭載。IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防じんに対応します。通信速度は測定中。IEEE802.11a/b/g/n/acのWi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはライトカッパー、オリーブシルバー、ブラック。

5Gの料金プランについて、データ使用量に応じて料金が決まる「ピタットプラン 5G」の10月1日からの料金改定が発表されました。改定後は料金が1000円引きになり、4G LTEと同額に。2年契約で家族割プラス、auスマートバリューなどの割引適用後に1GBまでの料金は1980円。

新料金プランとして、テレビ動画配信サービス「TELASA」「Paravi」「FODプレミアム」の月額料金2375円分がセットになって70GBまでのデータ通信が利用できる「データMAX テレビパック」を発表。各種割引適用前の料金が「データMAX 5G テレビパック」が1万350円、「データMAX 4G テレビパック」が9350円。各種割引を適用すると、いずれも4460円になります。

サービスに関しては、SHOWROOMが10月22日からサービス開始する縦型動画の配信アプリ「smash.」について、auユーザーは月額550円が6か月間無料で提供されることや、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」でNetflixと共同で提供する「ネトフリシネマ」、バーチャルのハロウィンイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」といったイベントを開催することが発表されています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧