河野太郎行政改革担当大臣「行政の手続きにやめようと言ってるのであってハンコ文化は好き」とツイート 平井卓也デジタル担当大臣「100%支持します」

access_time create folder政治・経済・社会

河野太郎行政改革担当大臣が、行政手続きでハンコを使用しないことを全府省に要請。それを受けて、2020年9月24日に内閣府は、各府省に通知を出して「廃止」「廃止の方向で検討中」「存続の方向で検討中」の中から回答するように求め、存続の場合は理由の提示を求めています。

一方で、河野大臣はTwitterで「行政の手続きにハンコはやめようと言ってるのであって、ハンコ文化は好きです」として、日露戦争の日本海海戦の参謀として知られる秋山真之(1868-1918)が著した『海軍基本戦術』(中公文庫)に篆刻が押されている画像をツイートしています。

この河野大臣のハンコに関する要請について、平井卓也デジタル改革担当大臣は2020年9月25日の閣議後記者会見で「100%支持します」と発言。さらに「河野大臣とは週一回程度、二人きりでいろいろなテーマを議論して、ターゲットを決めて進めていこうとしています。ハンコを押すということの意味を含めて、見直すべきではないか。これはデジタル化以前の問題」と述べています。また、企業の会社登記などの押印については「私の方で進めていく」として、河野大臣と役割分担をしていくことを強調しました。

※トップ画像はTwitterより
https://twitter.com/konotarogomame/status/1308913702394122247 [リンク]

access_time create folder政治・経済・社会

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧