予算をかけなくとも知恵と工夫で”広告っぽい写真”はいくらでも撮れるんです 「安上りだなあ」「素晴らしい発想だ」

access_time create folder生活・趣味

ナイジェリアのアーティストが予算をかけずに撮影した“広告っぽい写真”がちょっとした話題を呼んでいます。


https://twitter.com/iamdirmax/status/1306509445363634176

DirmaxというTwitterアカウントで、どうやって“広告っぽい写真”を撮影したのかがわかる写真と、完成した“広告っぽい写真”を投稿したのはナイジェリア人アーティストのオルさん。中国製スマホ「Infinix」のカメラで撮影したそうです。

こちらの“広告っぽい写真”は、テーブルの上にネスレ・ミロを置き、紙の穴からネスレ・ミロの小袋とマグカップを持った女性の手を出して撮影しました。

瓶ケース、コンクリートブロック、ガラスを使ったテーブルの上にドリンクが入ったグラスを置いて撮影すると、こういった感じの“広告っぽい写真”になります。


https://twitter.com/iamdirmax/status/1306509492557959168

こういったよりアーティスティックな写真も。

オルさんの“広告っぽい写真”に対して以下のような声が集まっています。

・安上りだなあ
・クリエイティブだね
・いい写真だ
・魔法みたい
・類まれな創造力
・これは驚いちゃうね
・こういうテクニックもあるんだね
・女性のネイルがちょっと
・素晴らしい発想だ

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/iamdirmax/status/1306509445363634176

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧