日本初の全大会賞金付きeスポーツプラットフォーム「Adictor」が2020年10月15日(木)にリリース決定!

access_time create folderゲーム
日本初の全大会賞金付きeスポーツプラットフォーム「Adictor」が2020年10月15日(木)にリリース決定!

 

ログリー株式会社(以下、ログリー)は、2020年10月15日(木)に日本初の全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」をリリースする。
Adictorの最大の特徴は、何と言っても全ての大会への賞金提供
他にも、参加者の募集やトーナメントの自動生成機能、大会終了後にログが残らないチャット機能など、大会運営をワンストップで支援する機能を搭載している。

Adictorの特徴

Adictorには大きく3つの特徴があり、その全てがeスポーツのことを第一に考えたデザインになっている。
3つの特徴を詳しく見ていこう。

開催される「全ての大会」に賞金を提供する日本初のプラットフォーム

全ての大会に賞金提供を(画面は開発中のもの)
全ての大会に賞金提供を(画面は開発中のもの) – PR TIMES

Adictorの最大の特徴は、数多く開催されている有志によるコミュニティ大会の更なる活性化のため、全ての大会に賞金の支援を保証していることだ。
未来のeスポーツプロプレイヤーへの活動支援を目的として、大会の主催者と優勝者のそれぞれに、運営事務局から賞金が提供される。
なお、賞金はサービス内専用の独自の企業通貨「AdictorCoin」として発行され、プレイヤーは任意のタイミングでiTunesギフトカード、Google Playギフトカード、Amazonギフト券等との交換が可能だ。

Adictor内のレベル・ランキングシステム

Adictor内のマイページ(画面は開発中のもの)
Adictor内のマイページ(画面は開発中のもの) – PR TIMES

対人戦機能を持つ多くのゲームタイトルでは、同じレベルのプレイヤーがマッチングし、公平に競うことを目的として「ランク」システムが導入されている。
しかし、公式・非公式問わず大会に参加するようなユーザーの多くはゲーム内の最上位ランクに位置していることが多い。
Adictorでは、そのようなコアユーザー向けにゲーム内の最上位層で更に盛り上がるための共通レーティングを導入している。
大会で上位成績を収めるごとに「XP」という経験値が発行され、一定の閾値ごとにレベルや称号が付与される。
このステータスはランキング形式で全ユーザーに公開されるため、積極的な大会参加への推進剤としても期待できる。

ソロ大会に特化

現在のeスポーツ大会は「チーム対抗戦」が主流となっている。
今回Adictorが扱う「シューター」というジャンルにおいても、既存の大規模な大会ではチーム戦が大きな盛り上がりを見せている。
その要因としては、チームメイトとの連携や戦略の奥深さなどの醍醐味が挙げられる。
また、格闘ゲームやデジタルカードゲームなど1対1の対戦ゲームであっても、現役プロ選手のほとんどがプロチームに所属しており、チームメイトやプロ同士で交流を深め、互いに研究や練習を重ねることでさらなる技術レベル向上を図っている。
その一方でログリーは、人付き合いやコミュニティに属する事が苦手、あるいは自分のペースでゲームをプレイするプレイヤーの中にも、非常に高い技術レベルを持つ人が隠れていることを信じているとしている。
そのような未だ影を潜める将来のスターにスポットライトを当てたいという思いから、Adictorでは多くのプラットフォームで準備されてるプレイヤー同士の交流・コミュニティ機能の一切をあえて廃し、純粋に大会を楽しむ機能のみにフォーカスしている。

今後も機能の充足が行われる予定

Adictorのリリース当初は運営事務局から賞金を提供するが、将来的には支援条件やリターンを設定して大会や選手を支援できるスポンサー機能も開発予定だ。
また、ユーザーに対してはプラットフォーム内でのランクが上がるほど賞金が高まるスポンサー付き大会のエントリー権が得られるなど、様々な特典も検討されている。

「eスポーツ元年」から2年経った今、Adictorは日本のeスポーツ市場に新たな風を吹き込むことができるのか。
ログリーはAdictorを通じて日本から世界へ多くのトッププロを輩出し、日本のeスポーツブランドの向上を目指す。
Adictorへの登録やサービス詳細は、Adictor公式サイトから。

© 2020 LOGLY, Inc. All Rights Reserved.


関連記事リンク(外部サイト)

ハイスペックゲーミングスマートフォン「Black Shark 3」が日本で正式発売決定!予約受付中!
ゆるゲゲが300万ダウンロード突破!記念イベント「大感謝!300万ダウンロード!」を開催します!
PS5ショウケースで「FINAL FANTASY XVI」発表!お馴染のモンスターや召喚獣も!FF14のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏がプロデューサー!

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧