血中酸素濃度の計測機能を搭載した「Apple Watch Series 6」は9月18日発売

access_time create folderデジタル・IT

9月15日、Appleは9月18日に発売されるApple Watchの新製品「Apple Watch Series 6」及び「Apple Watch SE」を発表しました。

「Apple Watch Series 6」の最大の特徴は、本体背面のLEDとフォトダイオードを使った血中酸素濃度計測機能が搭載されている点。この機能は医療目的ではなく、あくまで健康管理やフィットネスを目的としたものです。

今後「Apple Watch Series 6」の血中酸素濃度計測機能などを活用することで、アメリカの大学や研究者と共同でインフルエンザや新型コロナウイルスのなどの初期兆候に関する調査も行われる予定です。

iPhone 11に搭載されているA13 Bionicをベースにしたデュアルコアプロセッサ「S6 SiP」を採用し、アプリケーションの起動時間が最大で20パーセント高速化されています。

バッテリーは従来同様に最大18時間持続可能ですが、充電時間が短縮され1.5時間以内でフル充電が完了するとのこと。Retinaディスプレイは、「Apple Watch Series 5」との比較で最大2.5倍の明るさを実現しています。

価格は「Apple Watch Series 6」のGPSモデルが4万2800円(税別)から、「Apple Watch Series 6」のGPS+Cellularモデルが5万300円(税別)から、「Apple Watch SE」が2万9800円からとなっています。

Apple Watch Series 6
https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch[リンク]

※画像とソース:
https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/09/apple-watch-series-6-delivers-breakthrough-wellness-and-fitness-capabilities/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧