盗難防止する気を感じられない置き配が話題に 「配達員も頑張ってるんだよ」「最高のカモフラージュ」

access_time create folder生活・趣味

新型コロナウイルスの影響を受けて、日本でも急速に利用が進んだのが宅配便各社の「置き配」です。

海外では“玄関前のポーチに荷物を置いていく”「Front Porch Delivery Option」というのが一般的です。ただし、玄関前のポーチに荷物を置いていくのは人目につきやすいこともあり、防犯対策として“玄関前のポーチ周辺で人目につかない場所に荷物を置いていく”のがより一般的になっています。

盗難防止目的はわかるのですが、微妙にカモフラージュされた宅配便の置き配が、海外で話題を呼んでいます。


https://twitter.com/__danielleeex/status/1303725313340436480

カモフラージュなのでしょうが、敷石の小石を適当にのせただけの荷物。投稿主は「Amazon、荷物を隠しておいてくれてありがとう」と、皮肉たっぷりのツイートをしています。


https://twitter.com/HNLL_1/status/1304183277368958976

玄関マットを使って隠した気になるのは一番ありがちなパターン。全然隠しきれていませんが。


https://twitter.com/sooyoungics/status/1304201421479387137

テレビが入っていた空箱をカモフラージュにこれから捨てるゴミのフリをした荷物。配達員さんが頭をつかった形跡がうかがえます。

他にもTwitterには多くの証拠写真が投稿されていますが、それ以上に多くの声が寄せられています。

・配達員も頑張ってるんだよ
・隠そうと努力したことは感じられるよね
・見つけにくい場所に隠してもらうのがいいのか、見つかりやすいほうがいいのか
・最高のカモフラージュ
・デカい荷物は隠しようないし
・カモフラージュ学入門編
・玄関マットの下とか気付かないで踏んじゃうよね

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/__danielleeex/status/1303725313340436480

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧