体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

立花隆氏、柳田邦男氏も呆れた……佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第5回)

検証した本

【特別取材班より:この連載のすべてのリンクと画像をご覧になりたい方は、ガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。】

大宅壮一ノンフィクション賞の候補作にスキャンダルが発覚

ノンフィクション作家・佐野眞一氏は、1997年に『旅する巨人宮本常一と渋沢敬三』(文藝春秋、96年刊行)で第28回大宅(おおや)壮一ノンフィクション賞を受賞した。文学者にとって芥川賞や直木賞が最大の栄誉であるように、ノンフィクション作家にとって大宅賞に勝る賞賛はない。

佐野氏にとって、大宅賞受賞は「三度目の正直」どころか「五度目の正直」だった。受賞が決まるまで、彼は合計4回もノミネートされながらことごとく落選してきたからだ(以下が落選作の一覧)。

▼82年、第13回大宅賞(『性の王国』文藝春秋、81年刊行)
▼91年、第22回大宅賞(『紙の中の黙示録 三行広告は語る』文藝春秋、90年刊行)
▼93年、第24回大宅賞(『遠い「山びこ」 無着成恭〈むちゃく・せいきょう〉と教え子たちの四十年』(文藝春秋、92年刊行)
▼95年、第26回大宅賞(『巨怪伝 正力(しょうりき)松太郎と影武者たちの一世紀』(文藝春秋、94年刊行)

91年の第22回大宅賞では、佐野氏のノミネート作品『紙の中の黙示録
三行広告は語る』が問題視された。この作品の一部に、よりによって大宅賞の選考委員である深田祐介氏の著書『新東洋事情』(文藝春秋、88年刊行)にインスパイアされたと見られる記述があったのだ。

立花隆氏、柳田邦男氏から飛び出した意味深なコメント

第22回大宅賞の選評では、自らの著書を利用された深田祐介氏は、佐野氏を名指しして批判してはいない。

《後の作品について感想を述べる紙幅が尽きたが、どうも候補作品の選定に緻密(ちみつ)さを欠く印象が残った。》(「文藝春秋」91年5月号)

と述べるにとどまっている。ほかの選考委員(澤地久枝氏、立花隆氏、柳田邦男氏)も『紙の中の黙示録』についてはひとこともコメントしていない。

『遠い「山びこ」』がノミネートされた第24回大宅賞では、二人の選考委員が意味深な選評を寄せている。

《私は『遠い「山びこ」』がいちばんいいと思った。(略)この作品が作品論とは別の次元の問題から受賞を逸すことになったのは残念である。》(立花隆氏/「文藝春秋」93年6月号より)

立花隆氏

《私は佐野眞一氏の『遠い「山びこ」』を一番に推(お)した。(略)ただ、著者の前々回候補作の一部に、深田委員の作品と同じ話題を同じような文脈で書いたというトラブルがあったことから、今回はいわば禊(みそ)ぎの意味で受賞見送りとなった。他人の作品に書かれた事実(話題)をあとから取材して自分の作品に書いた場合、先に書いた作家の著作権はどうなるのか、そのノンフィクション分野でのルールは確立しておらず、大きな宿題となった。佐野氏は実力があるのだから、くじけずに再挑戦してほしい。》(柳田邦男氏/「文藝春秋」93年6月号より)

柳田邦男氏選評 柳田邦男氏選評

いったい『紙の中の黙示録』のどこが問題だったのか、深田氏の『新東洋事情』と合わせて比較検証していこう。深田祐介著『新東洋事情』(文藝春秋、88年刊行)の《「ミスタ・じゃぱゆき」のいる光景》という章(59~85ページ)と、佐野眞一『紙の中の黙示録』(文藝春秋、90年刊行)の《みえない街みえない人》という章(29~47ページ)を参照した。

なお、『紙の中の黙示録』の単行本版は90年6月に出版されている。佐野氏は1947年生まれだから、43歳のときに書いた作品ということになる。

類似点その1

《朝七時半、京成押上線荒川駅に行ってみると、南西アジア、つまり、インド、パキスタン系の顔をした外国人労働者が、満員電車から三人、四人と降り立ちます。電車の着く度に、彼らの数は「あそこにも、ここにも」という感じで増えてゆき、三十分の間に数十人の数に達します。》(深田祐介『新東洋事情』文藝春秋、61ページ)

《京成押上線荒川駅。一日の平均乗降客千四百人、急行列車も黙殺する、この川っぷちの小駅に、五、六年前から小さな変化が起こりはじめた。日本人に混じって、色の浅黒い外国人労働者たちがちらほら乗り降りするようになったのである。その数は日を追うごとにふえ、いまでは乗降客の二割にも達している。》(佐野眞一『紙の中の黙示録』文藝春秋、38ページ)

柳田邦男氏が《深田委員の作品と同じ話題を同じような文脈で書いた》と指摘しているとおり、京成押上線荒川駅で外国人労働者を観察する取材手法が同一だ。

類似点その2

《インド系外国人労働者の出勤先きは、西墨田の一角にある皮革関係の約百五十社の小工場群です。》(深田祐介『新東洋事情』63ページ)

《彼らは、土手下のじめついた淋しい道を抜けて、二つの運河にはさまれる形で密集する零細工場地帯にその足を向ける。この地区一帯には、豚皮の鞣(なめし)や染色業を中心に、油脂や肥料工場など約百五十の小工場がびっしりと張りついている。》(佐野眞一『紙の中の黙示録』38ページ)

類似点その3

《彼ら【=荒川駅から降りる外国人労働者】は「法の目」を恐れるのか、いずれも顔がひきつるほど緊張し、鋭い目をあたりに放って、落着かぬ態度です。》(深田祐介『新東洋事情』61ページ)

《明らかにイスラム系の顔をした二十歳代の若者が二人、おびえたような表情で、豚の皮をひき伸ばす張り込み作業をしている。》(佐野眞一『紙の中の黙示録』38~39ページ)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。