ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノートパソコンにぴったり! スクエアデザインのおしゃれなWebカメラ

ucam_dlc300t_1

スクエアなデザインでノートパソコン(PC)にきれいにフィットする、おしゃれなWebカメラがエレコムから9月上旬より発売されます。しかも、パソコンのUSB2.0ポートに接続するだけですぐに使える「一発接続」タイプ。超高画質300万画素の『UCAM-DLC300Tシリーズ』と、高画質『UCAM-DLC200Tシリーズ』の2シリーズ、各4色のラインナップです。

『UCAM-DLC300Tシリーズ』は、驚くほど高精細・高画質を実現する「300万画素1/4インチCMOSセンサー」を搭載。最大解像度2048×1536ピクセルで、21型クラスの大画面液晶モニターでフルサイズ表示しても、すみずみまで美しく鮮明な画像でビデオチャットなどを行えます。

ucam_dlc200t-1

『UCAM-DL200Tシリーズ』は、高画質「200万画素1/5インチCMOSセンサー」を搭載しており、20型クラスの大画面液晶モニターでのフルサイズ表示でもきれいな映像を楽しめます。いずれもデザインは同様ですが、カメラレンズ横の数字が「300」か「200」かで、機種を見分けられるようになっています。

ucam_dlc300t-2

いずれのシリーズも、ノートPCやネットブックにしっかり固定できるクリップ式のスタンド付き。ケーブル接続部は台座側に設けているので、ケーブルの重さに影響されずにカメラの角度調整が可能です。クリップタイプのスタンドは、アーム部分を折りたためばデスクなどの水平面に設置することもできます。

また、Webカメラ本体に内蔵マイクを搭載しているので、マイクを身に着けずにそのままビデオチャットをしたり、複数の人がカメラの前で同時に会話に参加することも可能。もちろん、付属のイヤホンマイクを使って1対1の会話を楽しむこともできます。WindowsおよびMacOSX(10.49~10.4.11、10.5~10.5.7)、『PLAYSTATION 3』でも、専用ドライバなしで使用できます。

カラーは、ブラック、ブルー、ピンク、ホワイトの4色。標準価格は、200万画素の『UCAM-DL200Tシリーズ』は7035円、300万画素の『『UCAM-DLC300Tシリーズ』は9870円(いずれも税込み)です。それにしても、最近のエレコムの周辺機器っておしゃれになりましたね。
 
 

■関連記事
1980円からテレビ電話をスタートできる! ロジクールからウェブカメラ5機種9製品発売へ
見覚えある“あの顔”もデザインされた!? カードリーダー&ライターシリーズ発売
トイブロックみたいな『iPod』用ミニスピーカー『SOUNDBLOCK』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy