「可愛すぎる」「ヒロインが男の子だと忘れる」 マンガ『恋する(おとめ)の作り方』コーデ回がセンス良すぎ

access_time create folderエンタメ

現在、『comicPOOL』(pixiv×一迅社)で連載されている万丈梓さん(@azusa_banjo)の『恋する(おとめ)の作り方』。2020年9月11日には待望の単行本第一巻が刊行となります。

※参考記事:「コスメ男子ももっとメジャーになれば」 マンガ『美少女(♂)がコスメ好き男子のスイッチ押しちゃう話』がニヤニヤ展開
https://otajo.jp/87154 [リンク]

現在、Twitterで公開されている『美少女(♂)を服屋で全身コーデしてみた』は、コスメ好き男子の御堂賢士郎くんが、モサヒョロ男子だったのにお化粧してみたら超絶美少女になってしまった幼馴染の日浦美果くんと一緒にコスメを選んだ後、服を試着しまくるお話になっています。

「…日浦、もういいか…?」「ま、待って…心の準備が…」「…大丈夫だ…俺を信じろ…!」「じゃあ、い、いくよ」と会話するふたり。ジャッと試着室のカーテンを開けて……。

「…ど、どう…かな…」と聞く日浦くん。シンプルなジャケット+柄シャツ+黒インナーというコーデに御堂くんは「最の高」とサムズアップ!

「次こっち!あっ、すいませーん!そっちのマネキンの服着させてもらっていいですか!?」と着せ替えに夢中になりはじめた御堂くんですが、日浦くんは「ま、まだ着るの~~~???」と困惑気味。

ニットワンピにカチューシャ、ワイドパンツにストラップサンダル。「ぐっ…どれもいい…何を着せても似合うとかやりがいがありすぎる…!!」と思う御堂くん。コスメ好きなだけでなくファッション好きでもあるのですね!

「服買うとこから全身コーデやってみたかったんだよな~~~」とキラキラしながら服を選ぶ御堂くん。「女装用の普段着いくつか欲しいんだけど…」という日浦くんの言葉に、「最高に似合う服をチョイスしてやらねば!!」と意気込みます。

ですが……日浦くんは「つ…疲れた…」とヘロヘロに。「ごめんな、すっげー楽しくて」と謝る御堂くんは、「どれが一番気に入った?買うよ」とまるで彼氏のように提案。「え!でも」と言う日浦くんに「いーって。付き合わせたの俺なんだし」と言い、「あとどうせならここで着ていかないか?せっかくだし」と続けると、日浦くんは「ここで…」とチラっと御堂くんを見てから、「じゃ…じゃあ、これ」と選びます。

アシンメトリーな肩見せカットソーとタンクトップのレイヤード、ボトムはミニスカート、柄のベレー帽とショルダーバッグというコーデになった日浦くん。センス良すぎ! 

御堂くんは「おっ、いいじゃん。でもお前こういう色好きだったっけ?」と言いつつお会計をお願いすると、店員さんから「あら…彼氏さんとお色合わせられたんですね~!おそろいですっごくお似合いですよ♡」と褒められて……。

「え?ちっちが…ぐぐぐ偶然に決まってるじゃん!!すっっっごい偶然!!」とアワアワしながら顔を真っ赤にする日浦くんに、御堂くんは「彼氏…?まぁ、でもそう見えたほうが変なやつらが寄って来なくてすむか…うん」と思案顔。その様子を見て店員さんが「青春ね~~~~♡」とほっこりしているのでした。

今回も「可愛すぎる」「すごくいい」という反応が続出していたほか、「早く付き合って欲しい」「ヒロインが男子なのを忘れる」といった声も上がっていたコーデのお話。今回は万丈さんに単行本刊行を控える『おとつく』についてお話をお聞きしました。

--2019年末から『幼馴染(♂)を女の子にしてしまった話』としてTwitterで更新されていましたが、単行本になることについて率直な感想をお願いします。

万丈さん:「いつか同人誌でも出せたらいいなぁ」とは思っていましたが、単行本にして頂けるとは全く想定していませんでした。読者の皆さまの応援のおかげで、単行本刊行に至ることができたと思っています。本当にありがとうございます!

--日浦くんがどんどん可愛らしくなっていきますが、ストーリーを作る上で気をつけていることがあれば教えて下さい。

万丈さん:日浦を可愛く描くのはもちろんのこと、男友達としての良さも出していきたいので、御堂との幼馴染感が心地いいようなお話になるよう心がけています。

--このコーデ回では、何を参考になさっているのでしょうか?

万丈さん:最近は手軽さから、ファッション誌よりもネットやInstagramなどのコーデ例を参考にすることが多いです。ただ、日浦をコーデする御堂が主にファッション誌を読んでいるので、そのあたりがメインになる回は主に10代後半~20代向けのファッション誌を参考にしたりしています。

--ご自身にとって、思い入れのある回を一つ挙げるとすればどのエピソードになりますか?

万丈さん:一連のデート編のラストに当たる『comicPOOL』での最新話(第5話⑦)が一番印象深いです。このお話でこれだけ長いページを描いたのも初めてだったのでいろいろな意味で思い入れがあります。単行本発売までにはTwitterでも公開する予定なので、ぜひ読んで頂きたいです。

--これまでTwitterやpixivなどで寄せられた反応について、改めてご感想をお願いします。

万丈さん:どんなご感想も毎回とても嬉しいのですが、最近はファンアートを描いて下さる方も多くて、絵のモチーフにしようと思って頂けるというのはすごいことだと思うので、本当に嬉しいです。

--単行本の見どころや、「ここを見てほしい!」というところがあれば教えて下さい。

万丈さん:描き下ろしは、日浦の男の子感が通常よりマシマシです! また、今まで連載を読んでくださった方も喜んでくださるような、ちょっとした仕掛けも用意していますので、ぜひお手にとって頂ければと思います!

--最後に、読者の皆様へのメッセージをお願いします。

万丈さん:今後もどんどん可愛くなる日浦と振り回される御堂を描いていきたいと思いますので、見守っていただけると嬉しいです。単行本には書店特典も多数ありますし、発売までにカウントダウン企画など、いろいろとやっていく予定ですので、ぜひTwitterなどでチェックしていただけると嬉しいです!

--今後がますます楽しみになりました。ありがとうございました!

『おとつく』の単行本では、描き下ろしエピソードを4話収録。書店特典は、2020年8月14日に公開予定で、その後も『comicPOOL』やTwitterでの更新のスケジュールが発表されています。「9月11日まで待てない!」というファンも存分に楽しむことができそうです。

恋する(おとめ)の作り方(pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/6403 [リンク]

万丈梓さんのTwitter
https://twitter.com/azusa_banjo [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧