ヴァージン・ギャラクティックがマッハ3で飛行する超音速旅客機のコンセプトデザインを公開

access_time create folder生活・趣味

8月3日、民間の宇宙旅行企業であるヴァージン・ギャラクティックが、マッハ3で飛行する超音速旅客機のコンセプトデザインを公開しました。

この投稿をInstagramで見る Virgin Galactic(@virgingalactic)がシェアした投稿 – 2020年 8月月3日午前4時08分PDT


https://www.instagram.com/p/CDbMhkXFVdG/

公開されたコンセプトデザインがこちらです。同時に、超音速旅客機のエンジン開発においてロールスロイスと了解覚書(Memorandum of Understanding、MOU)を締結したことも発表されています。

運航を終了したコンコルドよりも速いマッハ3での飛行を目指す超音速旅客機の乗客人数は9~19人で、高度6万フィート(約1万8000メートル)を飛行するとのことです。客室はカスタマイズ可能となっており、ビジネスクラスやファーストクラス仕様にアレンジすることも出来ます。

コンコルドはすでに2003年に運航を終了していますが、ヴァージン・ギャラクティックの超音速旅客機が就航することになれば、コンコルド以来の超音速旅客機復活となります。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CDbMhkXFVdG/

※ソース:
https://www.virgingalactic.com/articles/virgin-galactic-unveils-mach-3-aircraft-design-for-high-speed-travel-and-signs-memorandum-of-understanding-with-rolls-royce/
https://investors.virgingalactic.com/news/news-details/2020/Virgin-Galactic-Unveils-Mach-3-Aircraft-Design-for-High-Speed-Travel-and-Signs-Memorandum-of-Understanding-with-Rolls-Royce/default.aspx

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧