ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全20モデル! 液晶ディスプレイのブルーライトを約50%カットするおしゃれなメガネ発売

エレコム『ブルーライトカットメガネ』

LED液晶ディスプレイから発生する「ブルーライト」を約50%カット――エレコムは、目を大切にする『ブルーライトカットメガネ』を4シリーズ20モデル11月中旬より発売します。いずれも、国内産メガネの9割を生産する福井県鯖江市で企画・デザインし、機能的かつスタイリッシュなデザインも特徴です。

パソコンやスマートフォンなど、液晶ディスプレイを眺める時間が多いと、目の渇きや疲れが気になりますね。この原因のひとつになるのが、LED液晶ディスプレイが発する光のなかの青い部分・ブルーライトだと言われています。ブルーライトは、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達してしまうため、網膜の機能低下を起こす可能性があるのです。さらに、長時間ブルーライトにさらされると眼精疲労やドライアイだけでなく、体内時計がずれる恐れもあるそうです。

エレコム『ブルーライトカットメガネ』側面

『ブルーライトメガネ』は、このブルーライトを約50%カット。目や身体に有害な紫外線を「UVカット率99%」でしっかり遮断して目への負担を軽減します。レンズには、光学性能に優れた高精度ナイロンレンズを採用し、ゆがみ少なく透明度が高いためストレスなく装用できます。フレームにはスイスで開発された超軽量弾力素材(TR-90)を使用。フィット感が高く快適な付け心地を実現しました。

デザインは、シンプルなスクエアタイプ、ゆるやかな曲線がやさしい印象をつくるオーバルタイプ、やや大きめでカッチリした印象のラージスクエアタイプ、モダンなテクスチャーをテンプルに施したワイドスクエアの4シリーズをラインナップ。それぞれ5色のカラーバリエーションで全20モデルを用意しています。

メガネ拭きにも使える便利な収納ポーチも付属。冬の暖房で部屋の空気が乾燥しやすく、ドライアイが気になるこれからの季節に、ひとつ手もとに置いておきたいメガネです。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。