「くわばらくわばら」ってどういう意味?どんな時に使う言葉なの?

access_time create folder動画
「くわばらくわばら」ってどういう意味?どんな時に使う言葉なの?

夏場に雷が鳴ったとき、おばあちゃんとかが「くわばら、くわばら」と言っていたのを子ども心に覚えている人も多いかもしれませんね。

 

でも、どうして雷が鳴ると「くわばら、くわばら」というのか疑問ですよね。

 

落雷をはじめとした災いをよけるための呪文が「くわばら、くわばら」と言いますが、どうしてこのように唱えるようになったのか、以下で解説します。

 

くわばらくわばら

 

「くわばら、くわばら」とはどのような意味なのでしょうか?くわばらの意味や漢字で書くとどうなるのかについて、以下にまとめました。

 

 

 

災難除けのまじない

「くわばら、くわばら」とは、落雷を防ぐために唱えられたおまじないのことです。

 

そこから転じて、嫌なことや災難をよけるためのおまじないと範囲が広くなりました。

 

漢字では桑原

「くわばら」は、漢字で「桑原」と書きます。

 

他の項目で詳しく見ていきますが、桑原とは地名を指します。菅原道真の領地だった場所です。

 

日本三大怨霊「菅原道真」に由来

 

くわばらはおまじないの一種で、地名から来ていることは分かりましたね。でも、なぜこのように言われるようになったのでしょうか?

 

それは菅原道真公に由来しているといいます。なぜそうなったのか、以下で解説しますね。

 

桑原は地名から

くわばらは「桑原」と漢字で表記すると紹介しましたが、この桑原は京都にある地名です。

 

中京区桑原というところで、かつて菅原道真の屋敷があったといわれています。

 

現在この地には住んでいる人はいないそうです。京都御所と京都地裁の間にある道路一帯が桑原という地域です。

 

 

 

怨霊除け?

菅原道真は、日本三大怨霊の一つといわれています。そう言われるようになったのは、彼の悲劇的な生涯が関係しています。

 

道真公は藤原氏のとの政争に敗れ、中央政府のトップから太宰府に左遷されました。しかも太宰府に赴任してすぐに体調を崩し、2年後には亡くなってしまいます。

 

すると政敵だった藤原氏に次々と不幸に見舞われます。しかも、道真が長年暮らしてきた平安京でたびたび落雷があったといいます。

 

このような不吉な出来事が次々と起きたことで、京の人々は「これは道真の祟りだ」と騒ぐようになりました。

 

あまりに不幸な出来事が起きるので、藤原氏は道真を右大臣に名誉回復したほどです。

 

しかも、京一帯に何度も落雷がありましたが、一か所全く雷が落ちなかったところがありました。

 

それが桑原だったのです。そこで人々は雷が落ちないように「くわばら、くわばら」と唱えるようになりました。

 

桑の木由来説も

 

「くわばら、くわばら」は、道真由来説の他にもいくつか有力な説があります。

 

その中の1つに、これからご紹介する桑の木に由来する説があります。

 

 

 

雷神は桑の木が嫌い

この説は「広辞苑」にも記載されていることです。

 

ある日、農夫が雷神から「くわばらくわばらと、唱えれば桑の木が嫌いだから雷は落ちない」と聞かされました。

 

そこから、桑の木は雷避けの象徴と考えられるようになりました。

 

雷が落ちないように桑の木を棟木に打ち付ける、家の周囲に桑の木を植える習慣が広まりました。

 

雷が落ちそうなときには桑畑に人々は逃げ込みました。

 

しかし桑の木が周囲にない場合、「くわばら、くわばら」と唱えるようになったのが由来というわけですね。

 

雷の子由来説

 

雷の子由来説もあります。これは兵庫県三田市桑原にある欣勝寺という寺が発祥です。

 

こちらの寺には古い井戸があったのですが、雷の子が雨を降らそうとした際、この井戸の中に誤って落ちてしまいました。

 

それに気づいた和尚さんが井戸に蓋をして閉じ込めてしまいました。雷の子は二度とこの地域に雷を落とさないことを条件に出してもらえました。

 

結果、桑原一帯には雷が落ちなくなったそうです。それで雷避けで「くわばら、くわばら」と唱えるようになったわけですね。

 

蚕由来説

 

さらに蚕由来説もあります。蚕の糸は絹の原料になるので、養蚕の盛んだった東北地方や北関東では神様のように奉られました。

 

蚕は桑の葉を餌にしています。神様のような存在の桑の葉は神聖であると考えられるようになったかもしれませんね。

 

実際のところ養蚕が盛んな地域を中心に、桑の葉には雷避けをはじめとして魔除けのご利益があると考えられていました。

 

そして、雷が鳴ると桑畑に駆け込んでいたそうです。近くに桑畑がない場合には「遠くの桑原」と唱えて雷避けをしていたといいます。

 

ちなみに桑は、中国では神聖な樹木と考えられていました。また、古代日本でも中風を防ぐ霊力が桑の木にあると考えられていました。

 

この辺のところも桑の木には不思議なパワーがあると、昔から人々の頭の中に刷り込まれていたかもしれませんね。

 

まとめ

 

「くわばら、くわばら」と雷避けでいうものと知っていても、なぜこのように呼ぶのかわからなかった人も多いかもしれませんね。

 

でもこのように、いくつか由来となる節があるわけです。

 

近年、日本の夏は天候が不安定になることが多いですよね。ゲリラ豪雨のようにちょっと前まで晴れていても、急に雷雨になることもしばしばです。

 

稲妻が光ったり、雷鳴がとどろいたりしたときには「くわばら、くわばら」と唱えてみましょう。皆さんの身を守ってくれるかもしれませんよ。


関連記事リンク(外部サイト)

玄関でナデナデをおねだりするもスルーされたニャンコ、その後に取った行動が尊い!!
中学時代に勇気を出して貰った学ランのボタンが・・・時を経てまさかの母の腹に(笑)
昔マックでもらったマリオのクリアファイル、娘が見つけ出してフェイスシールドに(笑)

access_time create folder動画
local_offer
FUNDO

FUNDO

FunDoは、すごい動画をお届けする動画キュレーションメディアです。

ウェブサイト: https://fundo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧