ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームの神様・堀井雄二に「ハゲ踊り知ってるか?」とテレ朝が質問

yubon1

テレビ朝日の報道バラエティ番組『ギョーテック』は、さまざまな業界の注目すべき企業を紹介していく番組だ。今まで、エステ業界、マンガ業界、ビール業界など、さまざまな業界とその企業を紹介してきた。しかし、8月21日に放送されたポータブルゲーム業界を伝える回で、とんでもない出来事が発生していたことが判明した。

ゲーム業界の神様ともいうべき堀井雄二(ほりいゆうじ)氏に対して、リポーターのタレントが「ハゲ踊りはご存知ですか?」というとんでもない質問をしたのである。確かに堀井雄二氏は年々髪の毛が薄くなってきているものの、だからこそ周囲を気を使って「ハゲ」というワードを使用しないようにするべきなのだが、これはファックコミュニケーション(相手をけなしてさらに親交を深める方法)としてもいただけない。

このことを伝えたインターネット情報サイト『ぱふぱふニュース』の記者は、「ハゲててもゲーム業界の神やぞ! ハゲてるぶんだけ人にゲームという夢を与えているんだ! テレビ朝日のヤツラ許さーーーーん!」と怒りをあらわにしている。ゲーム情報サイト『オレ的ゲーム速報』の管理人は「失礼だろ」と冷静にコメントしている。それもそのはず、堀井雄二氏はあの『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親であり、堀井雄二氏なくして『ドラゴンクエスト』も『いただきストリート』も存在しなかったのである。『2ちゃんねる』や他のサイトの反応は以下の通り。

・ハゲる方が悪い
・ハゲじゃないよ、ちょっと薄いだけだよ
・TV業界人とかマスコミって、基本それ以外を馬鹿にしてるよね
・抗議と謝罪の電話しておいた
・どう考えてもクリエイターを舐めてるよな
・さすが朝日、媚びる相手じゃないとみるやこの質問
・どんな悪人であろうとハゲには触れてやるな
・でも今さら堀井がオールバックとか坊主とかにしてきたらお前ら大爆笑すんだろ?
・サンディ「ハゲなの?超ウケる!」
・ゲーム業界の髪様
・隣のおっさんが笑いまくってておもしろかった
・全然ハゲてないし

ゲーム業界三大神といえば、ハドソンの高橋名人、カルチャーブレーンの阿迦手観屋夢之助 (あかでみやゆめのすけ)、そして堀井雄二だ。そんなゲーム業界の神に「ハゲ」という言葉を投げかけるとは、なんとも世間知らずな行為である。まあ、ハゲ踊りはお笑い芸人のブラックマヨネーズの持ちネタであり、『ギョーテック』には彼らも出演していることからそのような発言に至ったのだと思うが、きっと撮影現場はヒヤリとした空気に包まれたに違いない(ゲーム業界関係者のほうが)。

<ハゲ躍りの流れ>※ブラックマヨネーズの持ちネタ
ハゲ踊り♪ ハゲ躍り♪ 伝~統~芸~能~ハゲ躍り♪ あっソ~レ♪ ハゲ踊り♪ ハゲ躍り♪ 伝~統~芸~能~ハゲ躍り♪ あっソ~レ♪(リピート)

イラスト: ピョコタン

■最近の注目記事
Xbox360版『FF13』はDVD3枚組みと発表! 予想より少ない枚数
信頼なき点数! 『ファミ通』クロスレビューを改善する方法はコレだ!
歪みねぇ単独インタビュー!ビリー・へリントン兄貴を丸裸にしてきたゾ!
言葉が不自由だったヘレン・ケラーが喋る貴重な動画
ゲームクリエイター飯田氏『ニコ動』で動画削除され落ち込む

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy