ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』378日目——私は飢えだ。(丸山健二小説連載)

 

私は飢えだ。

もうだいぶ長いこと踪跡をくらましていたのだが、三十数年振りに突然まほろ町へ舞い戻った、飢えだ。見る者によっては広量な人物に見えるという肥満した物乞い、彼は丸々二日間水だけで過した。それもあやまち川の水を飲んでいたのだ。かえらず橋の下の乾いた砂の上に寝そべりながら、小難しい顔つきで切実な言葉の数々を吐き散らしながら、何とかして己れを言いくるめようと頑張った。

そして私は今朝方、彼を襲った。私はどやしつけた。これで世間の連中があくせく働く訳がわかったか、と。しかし、物乞いは返事をしなかった。したくても声を出す力さえなかったのだ。私は尚もつづけた。いくらこうした時代でも、何もしなければひと粒の米も口に入らないのだ、と言い、「おまえみたいな奴は早いとこ死んじまえ」と言い、そもそもこの世に生まれてきたこと自体が間違っているのだ、と言い、「このおれが引導を渡してやろうか」と言ってやった。

すると物乞いは、好きなようにするがいいという意味で頷いてみせ、ふたたび失神と睡眠のはざまに生じる愚人の夢へと逃げとんだ。ところが、夕方になってとんだ邪魔が入った。役場の職員がやってきて物乞いの枕元にパンと牛乳を置き、私を押しのけたのだ。彼はこう呟いた。「この町で死なれたら面倒だもんな」とそう言って、鬘が雨で崩れるのを気にしながら、飽食の日々へと戻って行った。
(10・13・金)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy