ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【独占記事】ピーター・ディンクレイジ、映画『Avengers: Infinity War(原題)』に出演交渉中
  • リブート版映画『キャノンボール』、映画『Central Intelligence(原題)』のローソン・サーバー監督が交渉中
  • 【あなたはいくつ観た?】スティーブン・キング生誕70周年! キング原作のホラー・スリラー映画10選[ホラー通信]
  • 世界を挑発した元祖“禁断の愛”映画『愛のコリーダ』ニコニコ生放送決定! 『私の男』公開記念
  • 『HiGH&LOW』初のマサラ上映決定! 応援&絶叫に加えて鈴やタンバリン・クラッカー持ち込みOK!
  • 『アントマン&ワスプ』は「ロードムービーでありクライム映画。ずっと走りっぱなしだよ!」監督がコメント
  • 日本のインディーゲームシーンをテーマにしたドキュメンタリー映画『Branching Paths』が7月29日にデジタル配信開始
  • 『スター・ウォーズ』エピソード8、2017年12月15日まで公開延期に
  • デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ』エピソード8の正式タイトルが明かされるのは「しばらく先」
  • 暴飲暴食のリセットに! 映画『マイ・ファニー・レディ』をイメージしたコールドプレスジュースが登場
  • 映画『万引き家族』仲良し本編映像解禁 9日『海街 diary』16日『そして父になる』地上波放送もチェック!
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/7/9号:『死霊館 エンフィールド事件』『スクリーム・ガールズ 最後の絶叫』『バチカン・テープ』
  • 泣かせようとして作っているわけではないのです――新海誠監督が語る最新作『言の葉の庭』(前編)
  • “オタ女”が生んだ世界的ベストセラー! 禁断のラブロマンス『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
  • 中田秀夫伝説のJホラー『女優霊』から20年……島崎遥香主演『劇場霊』は“現実への侵入”
  • ウォン・カーウァイ×トニー・レオンの最強タッグ再び! ブルース・リーの師匠イップ・マンを描いた新作『グランドマスター』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独自技法のアートにRTの嵐! 逆色相色鉛筆画

独自技法のアートにRTの嵐! 逆色相色鉛筆画

この絵はホント、スゴいです。発端は、11月に開催される『デザインフェスタ』にてこの絵の作者“iTempo”さんと盟友“しり”さんが共同ブースで出展する、という2012年10月11日19:32のツイート。それが瞬く間に反響を呼び、10/14(日)06:42時点で『togetter』で9万6967viewを記録。

色鉛筆の域を越えたクオリティ!逆色相を利用した色鉛筆アートがすごい!
http://togetter.com/li/388666

この絵がどうスゴいか。それは、ネガ色相の絵を描き、ポジ反転させて仕上げる、という技法なんですね。

独自技法のアートにRTの嵐! 逆色相色鉛筆画

色相? 反転?? デザインや美術に縁遠い方にはピンと来にくいかもしれませんが、アナログカメラの「フィルム=ネガ」「現像した写真=ポジ」と言えば解りやすいでしょうか。

独自技法のアートにRTの嵐! 逆色相色鉛筆画

ポジ写真を見ながら、ネガフィルムの絵を手描きする様なものなのですが……想像できますでしょうか!? 白黒反転だけなら頭で理解できなくもないのですが、色相反転は脳がよじれそうな気がします。

ご本人がツイートされているように、きっかけは高校生の頃のアニメ制作にあり、長年その技法で書き続けているからこそできる技なんだと思います。

そして、ついついこの技法ばかりに心奪われてしまいがちですが、優しさと鋭さの相まった色鉛筆のタッチが美しいですね。画風は“あぶり出されたノスタルジー”と言った感じでしょうか。

白い紙に一筆一筆色を乗せていく毎に、仕上がり的には黒い画面に一筋一筋と光がさしていく……。その作業こそが、人の記憶を呼び覚ますようなモチーフ選びの源になっている気がします。

ツイートによれば、11月の『デザインフェスタ』では原画と最終作品を見比べることができるかもしれません。今後のiTempoさんの作品と活動に期待です。

デザインフェスタ vol.36
http://designfesta.com/[リンク]
東京ビッグサイト西ホール全館
2012年11月10日(土)・11日(日)
11:00 – 19:00
iTempoさん&しりさんのブース番号はE-132

iTempoさん
https://twitter.com/T_coexist1983>[リンク]

Twitpic
http://goo.gl/LUUYg>[リンク]

pixiv
http://goo.gl/ytlC8>[リンク]

共同出展者しりさんの“キモカワ”キャラクター達も注目です。
http://yaplog.jp/shirigarashi/>[リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「池波千聖」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。