ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シュガーベイブ好き必聴! あっぷるぱい初アルバムが〈タワレコメン〉に

 

あっぷるぱい 『あっぷるぱい』ジャケット画像

〈シュガーベイブが演奏しそうな楽曲〉をコンセプトに2010年5月に同じ大学の仲間で結成され、新人離れした洗練されたシティー・ポップを奏でる7人組バンド、あっぷるぱい。彼らのファースト・アルバム『あっぷるぱい』が10月17日に発売される。

流線形やSaigenjiを輩出したHappinessからの登場となる本作は、タワーレコードでも新宿店スタッフのプッシュで〈タワレコメン〉に選出し、全店で展開する1枚。レーベルの先輩である流線形のクニモンド瀧口も、キャロル・キングやジェームス・テイラーを引き合いに出し、「センチメンタルで、胸がキュンとなったり、ドキドキときめいたり…そんな表現がふさわしいアルバム」と語る、完成度の高い作品に仕上がっている。トラックリストは以下の通り。

なお、あっぷるぱいのFacebookおよびTumblrページでは、『あっぷるぱい』のダイジェスト映像や、アルバムの収録曲“カルピスソーダの夏”のショートPVが視聴可能。気になる人はいますぐチェックをどうぞ!

 

〈あっぷるぱい 『あっぷるぱい』収録曲〉
1. アップルパイの薫り
2. にわか雨
3. マーマレードの朝
4. あっぷるぱいのテーマ
5. カルピスソーダの夏
6. ジャンクション
7. デイドリーミング 

 

タワーレコード スタッフ推薦コメント

全音楽ファンが歓喜した今年最大の出来事といえば「山下達郎、ベストアルバム発売」であろう。この事態にあわせたかどうかは別として、完全に山下達郎ファンが度肝ぬかれるであろうバンドが現れた!! その名も〈あっぷるぱい〉。〈シュガーベイブの演奏しそうな楽曲を演りたい!〉という思いから結成された大学生によるバンドで、〈流線形〉などを輩出した〈ハピネスレコード〉から1stアルバムをリリース!! 一聴して即座に反応してしまうほどのVo.ダー坊の温もりある唄声とシュガーベイブ丸出しのサウンド。しかもこれが彼らのオリジナル曲であるというのがかなりの驚くべき事実。若い世代にこういったバンドが現れたのは驚異であり、また時代を超えて音楽の素晴らしさを再認識させてくれるバンドであることは間違いない。ライブ活動はまだ行ってないらしく、早くステージ上での彼らのパフォーマンスを観てみたいものだ! (新宿店 J-INDIES担当:黒沢忍)

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。