「eスポーツ×社会人ゲーマー」を繋ぐ日本初のコミュニケーションプラットフォーム「cogme」が正式リリース開始。

access_time create folderゲーム
「eスポーツ×社会人ゲーマー」を繋ぐ日本初のコミュニケーションプラットフォーム「cogme」が正式リリース開始。

 

株式会社エイプリルナイツが手掛ける「cogme」はeスポーツを中心に、ゲームを使った社員同士・企業同士の交流を促進するコミュニケーションプラットフォーム
「cogme」を利用することによって、社内ゲーム文化の醸成や企業ブランディングによる採用強化、企業間のゲーム交流から人脈を広げる、協業のきっかけ作り等様々な効果が見られるとしている。
昨今のコロナウイルス感染症の影響から、イベントのオンライン化が進んだことで、オンラインゲームを活用したコミュニケーションはより注目されている状況にある中、cogmeはクローズドβ版として50社の企業が参加しコミュニケーションプラットフォーム内で多数の企業交流が行われた。
そのフィードバックを踏まえ、登録単位の変更やイベント機能の開発を行い、正式版として公開されるに至った。

代表者1名が登録しメンバーを招待

cogme
cogme – PR TIMES

「cogme」は「cogme」公式サイトより代表者1名が登録を行い、「ギルド」(cogme内のチーム名称)を作成する。
その後「ギルド編集ページ」からメンバーを招待するかたちで「ギルド」を形成し、ギルド内でのチャットや、自身のゲーマープロフィールを設定することが可能。
操作に慣れてきたところで、マッチングや正式リリース時のアップデートで追加された「イベント」機能を使って、他社ギルドと交流を図ってみよう。

「イベント」はゲームに関係するイベントを「個人・チーム・ギルド」の単位で生成することができる機能。
生成したイベントは「cogme」に登録していれば誰でも参加することができる。
イベント作成時にはイベント用のパーティー(cogme内のチャット)が生成され、イベント運営者と参加者との連絡が可能となるため、スムーズなやりとりができる。

ボイスチャット機能・トーナメント表実装予定

「cogme」は8月中のボイスチャット機能を、9月を目処にイベント機能にトーナメント表を作成する機能を実装に向けて開発中としている。
企業同士のゲームやeスポーツの交流は最初の一歩が大変なため、社内のみの部活に留まるっている会社もあることだろう。
「cogme」を利用すれば、簡単に他社のギルドとマッチングし、気軽に他社との対戦やコミュニケーションが図れるようになるのではないだろうか。
詳細、登録は「cogme」公式サイトにて。

©Copyright2020 cogmedia.All Rights Reserved.


関連記事リンク(外部サイト)

待望の最新作が登場!「ミスタードリラーアンコール」がNintendo SwitchとSteamにて発売開始!
またもやお求めやすい価格のゲーミングチェアが登場!「FLEXISPOTゲーミングチェアGC01」発表!
色々引っ張って取れちゃう…!DOAXVVに「ほのか」「レイファン」の「おつまみピンチョス」が登場!

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧