オンライン結婚式は妥協策ではない! リクシィ安藤氏が提示するこれからの時代の結婚式

access_time create folderデジタル・IT

「ブライダル業界の構造改革、結婚式であふれた世界を創る」

株式会社リクシィのコーポレートミッションには、長い間イノベーションが起きていなかったブライダル業界にメスを入れ、現代の多様なニーズに応えたいという思いが込められている。

そんな同社が先日、「トキハナ」というサービスをリリース。また、新型コロナウイルスの影響で注目されている「オンライン結婚式」の紹介サービスも開始するという。

昭和から平成、令和、そしてコロナ時代を経て、変わってきたニーズや価値観。その上で”結婚式があふれた世界を創る”ために同社が提案する新しい結婚式の形とはーー。

結婚式の常識を“トキハナツ”オンライン結婚式場探し「トキハナ」

ーー今回リリースされた「トキハナ」は、これまで運営してきた「Choole」と「gensen wedding」を統合してできたサービスなんですよね。それぞれのサービスの特徴について教えていただけますか。

安藤:まず「Choole」は、持ち込みが自由の式場をオンラインで紹介するサービスです。

従来の結婚式では、式場を決めたあとに、そこで提供されているドレスやフラワーを選び、フォトグラファーやヘアメイクを決めていくというのが一般的でした。

しかし、最近ではInstagramなどのSNSが普及し、ドレスやクリエイターの情報から結婚式を考え出す人が増えてきているんです。結果として、式場はここがいいけど、ドレスは持ち込みたいとか、ヘアメイクはこの人にしてもらいたいとか、そういったニーズが出てきました。

そんなわがままを叶えられるのが「Choole」です。

ーー自分ですべて選びたいというニーズに応えるサービスということですね。

安藤:一方、「gensen wedding」は無料で結婚式場探しのサポートをするオフラインのサービスです。

自分たちの希望にあった式場選びって実は結構難しくて、良さそうな式場を見つけて見学に行ったら写真と違っていたり、最低人数の決まりがあったり、日程が埋まっていたり……。費用についても、契約時は安かったのに当日になると数十万上がっているということもざらにあります。

そういった課題を解決するのが「gensen wedding」。

元ウエディングプランナーが目利きして厳選した式場の中から希望にあったものを紹介するので、式場選びで何件もまわったり、費用を交渉したりしなくてもよくなります。

ーーなるほど。では今回その2つのサービスを統合させたのはどうしてですか?

安藤:もともとこの2つのサービスはターゲットが違うと思っていたんですが、実際はそうでもなかったんですよね。

例えばChooleだと、「持ち込みたいものがあってその上で式場を探している人」を想定していましたが、実際には「Choole」を利用したのに持ち込まない人がかなり多くて。気に入ったドレスやフラワーがなかったときのために”念の為”持ち込みOKにしておきたい、というニーズが強かったんですよね。

現状「Choole」で登録してくれた人に「gensen wedding」の式場を紹介したり、その逆もあって、だったら統合させようと。事業展開上もスケールしやすくなると思ったので。

時代の流れとともに変わってきた結婚式に対する価値観

ーー新しくリリースされた「トキハナ」は、現代の多様なニーズに応えるサービスだと思いますが、ここまで多様化が進んだ背景にはどのような価値観の変化があるのでしょうか。
1 2次のページ
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧