ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芯が折れにくいシャープペンシル『オ・レーヌ』

olenu1

書いているときに筆圧が強すぎたり、床に落としてしまったときに芯が折れてしまうシャープペンシル。この構造を改善して、芯が折れにくく、また残りの芯が短くなってもギリギリまで使える新製品が登場しました。その名もズバリ『オ・レーヌ』。プラチナ萬年筆が9月1日に発売します。

olenu2

同社が『耐芯構造』と呼ぶ新機構は、従来製品では芯を送り出す部品と先端部品の2点で芯を支えていたのに対し、この2点の部品の間に、3面で芯を支える4個の部品を追加したもの。これにより、衝撃を受けても芯が折れにくくなりました。

この機構のもうひとつのポイントは、残りの芯が短くなっても書き続けられること。従来製品では12.4mm(同社比)まで短くなったら残った芯を捨てる必要がありましたが、『オ・レーヌ』では0.5mmまで短くなっても筆記が可能(次の芯が補充されている場合)。別売りの替え芯を収納するケースに、生分解プラスチックを採用していることと併せて、環境への配慮をアピールしています。

芯を支える部品には、バネも採用。強い筆圧がかかった際に芯をスライドさせ、芯を保護するクッション性を持たせています。先端から露出する芯がなくなったら、ワンプッシュで芯を露出させることもできます。筆記しないときには、ペン先を収納することが可能。徹底的に芯をムダにしない工夫が満載です。210円(税込み)で販売する『MOL-200』、525円(税込み)の『MOL-500』、1050円(税込み)の『MOL-1000』の3製品が同時に発売されます。

・製品仕様
品番:MOL-200
本体カラー:ブラック、レッド、グリーン、ブルー、イエロー
サイズ:全長139.5mm、最大径12mm
重量:9.7g

品番:MOL-500
本体カラー:ブラック、レッド、グリーン、ブルー、イエロー
サイズ:全長140mm、最大径14mm
重量:19.1g

品番:MOL-1000
本体カラー:ブラック、ピンク、ブルー、ガンメタル
サイズ:全長141mm、最大径10.6mm
重量:15.2g

■関連記事
日本一の文具はどれ?『第18回日本文具大賞』グランプリ発表!
名前や電話番号をすぐ消せる個人情報保護テープ『1行ケシポン』
全240色、5万円の色鉛筆『uni COLOR 240 LIMITED EDITION』予約受付開始

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。