ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ノミ予防で病院に預けた猫が安楽死? 偶然と思い入れの悲劇の中身

ペットを動物病院に預ければ、より元気な姿で戻ってくるのが普通だ。しかしながら、米国マサチューセッツ州在住の女性はそうならなかった。ノミの予防のために持ち込んだ猫は、誤って安楽死させられることになってしまった。なぜこのような悲劇は生まれたのか。

飼い主のコリーン・コンロンは愛猫のレディ(8歳)をいったん息子のジェシーに託した。ジェシーは動物病院で書くように求められた申し込み書にいくらか記入し、勤めている会社へ戻った。すると病院の獣医から驚くべき知らせが入ってきたのだ。

「安楽死は成功しました。亡くなった猫はどうしますか」

獣医はノミ予防用と安楽死用の書類を混同してしまったと認めた。うかつにも気付かなかったとはいえ、ジェシーへの説明もまったくなかった。やり切れない思いだろう。偶然が重なった悲劇と言える。

レディを失ったコリーンの悲しみはいかばかりか。というのも、レディは元々コリーンの娘が飼っていた猫なのだ。愛娘は不幸にも2年前に自動車事故で亡くなっている。つまりレディに相当の思い入れがあったはずだ。このような不幸な出来事は繰り返されてはならない。病院側も患者側も書類の確認徹底が求められる。

画像: レディの生前の姿を伝えるニュース映像のキャプチャー
http://www.nydailynews.com/news/national/heartbreak-healthy-family-cat-mistakenly-euthanized-vet-visit-a-flea-bath-article-1.1165878

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき