外出がままならず“通路を歩く”という当たり前のことさえ妄想してしまう人々

access_time create folder政治・経済・社会

新型コロナウイルスの感染拡大がどうにも止まらないので、なかなか外出できない状況が世界中で続いています。日々の生活をする上でも様々な自由が奪われています。

自由が奪われた反動から、ウイルスの感染拡大が終息した後には、「これもしてあれもして」と妄想を膨らませている人も多いことでしょう

“通路を歩く”という当たり前のことでさえ、妄想の対象となっています。

https://twitter.com/OrlandoInformer/status/1258028316302487553
ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートやユニバーサル・オーランド・リゾートなどがあるフロリダ州オーランドの空港の写真でしょうか。早いとこ飛行機に乗ってどこかへ行きたいものです。

https://twitter.com/stylebyrxg/status/1256707269749661696
今は「南の島までひとっ飛び!」というわけにはいかないんですよね。行けないのをわかっているからこそ、行きたくなるのが人間の悲しい性。

https://twitter.com/doom__days/status/1258105811693256705
Apple Storeの店内を歩きたい人。

https://twitter.com/ringernba/status/1257739895021305856
Netflixのドキュメンタリー『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』を観て凌いでいる人も多いでしょうが、NBAの試合のライブ観戦は迫力が違います。

何も気にすることなく普通に通路を歩ける日が、1日も早く来ることを願っています。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/stylebyrxg/status/1256707269749661696

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧